コミュニケーションロボット、介護や駅・役所等での活用に期待 画像 コミュニケーションロボット、介護や駅・役所等での活用に期待

インバウンド・地域活性

 MM総研は20日、コミュニケーションロボットに関する意識調査の結果を発表。コミュニケーションロボットの認知度は、「概ね理解している」がわずか18%で、「言葉を見たり聞いたりした程度」が50.4%、「わからない」が31.6%だった。

 具体的な製品の認知度で最も高かったのは、ソフトバンクロボティクスの「Pepper(ペッパー)」で41%。次いでロボガレージの「Robi(ロビ)」が16.2%、3番目はタカラトミーの「Robi jr.(ロビジュニア)」の7.2%となっている。ただし、いずれの製品も認知していないという回答が49.7%と約半数を占めた。

 認知度が高いとは決して言えないコミュニケーションロボット。今後の購入意向についても、「1年以内に購入したい」は1.6%とごくわずかで、「1年以上先になるが、購入を検討したい」も13.1%という程度。「購入したくない」が85.2%にのぼり、認知度の低さが購入意欲にも反映されているようだ。

 そこで、求める機能を複数回答で尋ねると、「人間の声を認識できる」(56.8%)、「人間と対話することができる」(53.5%)、「学習能力がある」(50.2%)がトップ3となった。さらに、活躍の場について複数回答で質問すると、「病院・介護施設」(33.2%)、「駅・空港」(25.9%)、「役所(市役所・区役所など)」(24.3%)が上位に挙がった。

 病院・介護施設での話し相手としての活用をはじめ、交通機関や公共施設といった多くの人が行き交う場でコミュニケーションロボットの利用が進めば、認知が広がることで需要の拡大が期待される。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて訪日外国人向けに多言語対応が進めば、ワールドワイドに市場が広がる可能性も秘めていそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  9. いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top