「燕三条ものづくりメッセ2015」が10月29・30日に開催、221社が出展 画像 「燕三条ものづくりメッセ2015」が10月29・30日に開催、221社が出展

インバウンド・地域活性

 燕三条地場産業振興センターは20日、「燕三条ものづくりメッセ2015」の開催を発表。29日と30日の2日間にかけて同センター(三条市須頃1-17)内で開催する。

 会場では燕三条ならでのは刃物関連や作業工具をはじめ、木工製品、金属ハウスウェアなどを展示。超精密金型研磨技術を持つ企業、樹脂3Dプリンター製品の量産研磨に対応する企業などが参加する。

 その他、出展企業は機械加工や金型などの「加工技術分野」が117社、作業工具やハウスウェアなどの「民生品分野」が25社、工作機械やバリ取り機などの「機械装置関連分野」が34社、開発設計や知的財産などの「ソリューション分野」が28社。大学や研究機関など17団体も加えた出展社・団体数は221にのぼり、日本海側最大級の展示会をうたう。

 併催事業として、ヤマトホールディングス代表取締役会長の木川眞氏による特別講演会「クロネコヤマトの満足創造経営~ヤマトが取り組む第3のイノベーション~」や、バリ取り加工技術専門セミナー、第2回サーボプレス技術フォーラムなども予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  8. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  9. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top