「燕三条ものづくりメッセ2015」が10月29・30日に開催、221社が出展 画像 「燕三条ものづくりメッセ2015」が10月29・30日に開催、221社が出展

インバウンド・地域活性

 燕三条地場産業振興センターは20日、「燕三条ものづくりメッセ2015」の開催を発表。29日と30日の2日間にかけて同センター(三条市須頃1-17)内で開催する。

 会場では燕三条ならでのは刃物関連や作業工具をはじめ、木工製品、金属ハウスウェアなどを展示。超精密金型研磨技術を持つ企業、樹脂3Dプリンター製品の量産研磨に対応する企業などが参加する。

 その他、出展企業は機械加工や金型などの「加工技術分野」が117社、作業工具やハウスウェアなどの「民生品分野」が25社、工作機械やバリ取り機などの「機械装置関連分野」が34社、開発設計や知的財産などの「ソリューション分野」が28社。大学や研究機関など17団体も加えた出展社・団体数は221にのぼり、日本海側最大級の展示会をうたう。

 併催事業として、ヤマトホールディングス代表取締役会長の木川眞氏による特別講演会「クロネコヤマトの満足創造経営~ヤマトが取り組む第3のイノベーション~」や、バリ取り加工技術専門セミナー、第2回サーボプレス技術フォーラムなども予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  7. 【果物お土産ビジネス:3】果物店の「インバウンド需要のつかみ方」

  8. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

アクセスランキングをもっと見る

page top