自動車部品ユウエフテック、特別清算開始…負債総額30億円 画像 自動車部品ユウエフテック、特別清算開始…負債総額30億円

制度・ビジネスチャンス

東京商工リサーチによると、自動車部品メーカーのユウエフテック(旧 株式会社サイトウ、福島県岩瀬郡)が10月6日、さいたま地裁より特別清算開始決定を受けた。負債総額は約30億円。

同社は1957年創業の機械器具部品の加工製造業者。独自技術による無人システムの開発から輸送用機器部品の切削加工を手掛けていた。本田技研工業グループや日立製作所グループなどへ受注基盤を築き、ピークとなる1992年4月期には売上高約56億4000万円を計上していた。

しかし、バブル崩壊後の業界不振から業績は徐々に低下、その後もリーマン・ショックや東日本大震災、タイ洪水などの影響から業績不振に陥っていた。また、既往の過大な設備投資の負担も重く、債務超過に陥っていた。

埼玉県中小企業再生支援協議会の支援を受け、2015年3月に会社分割を実施し、サイトウ株式会社(さいたま市中央区)へ事業を譲渡。同社に金融債務など一部の債務を残し、同年3月5日に現商号ユウエフテックに変更、同年6月30日株主総会の決議により解散した。

自動車部品メーカーのユウエフテック、特別清算開始…負債総額は30億円

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

    成功する新業態:02|胡蝶蘭と同価格でインパクトのある花を贈る/Sakaseru

  2. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  3. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  4. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. プログラミング別平均年収ランキング2017、Swift、Rubyは4位、で1位は?

  9. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  10. 日建連、新3Kの浸透実感、法令順守して期待に応える

アクセスランキングをもっと見る

page top