弘前城の引っ越し完了! 10月24日に仮天守台着座式 画像 弘前城の引っ越し完了! 10月24日に仮天守台着座式

インバウンド・地域活性

 国の重要文化財に指定されている青森県弘前市の弘前城で、石垣修復のために天守を移動させる作業が17日までに完了した。ジャッキダウンなどの工程を経て、24日に仮天守台への着座式が現地で開かれる予定だ。
 重量400tの天守は地元の西村組(弘前市、西村昭紘社長)の施工で、途中2度方向転換しながら2カ月余りで80m移動。作業に協力した我妻組(山形県米沢市、我妻悦雄社長)の石川憲太郎取締役工事部長は「天守は重要文化財で制約が多く、老朽化している部分もあって作業を慎重に進めた」と話す。
 今後は天候にもよるが、土台下鋼材撤去やジャッキダウンといった作業を行い、24日午前10時から仮天守台への着座式を開催。今月末までに天守内部の鉄骨撤去など曳家工事に関連する作業を完了させる。
 弘前城の石垣修復は14年度から10年がかりで実施される。同市は明治以来100年ぶりの大事業として工事を盛り上げ、「弘前の魅力を積極的に発信する」(葛西憲之市長)ための絶好の機会と捉えている。

弘前城の引っ越し完了/青森県弘前市、10月24日に仮天守台着座式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

アクセスランキングをもっと見る

page top