弘前城の引っ越し完了! 10月24日に仮天守台着座式 画像 弘前城の引っ越し完了! 10月24日に仮天守台着座式

インバウンド・地域活性

 国の重要文化財に指定されている青森県弘前市の弘前城で、石垣修復のために天守を移動させる作業が17日までに完了した。ジャッキダウンなどの工程を経て、24日に仮天守台への着座式が現地で開かれる予定だ。
 重量400tの天守は地元の西村組(弘前市、西村昭紘社長)の施工で、途中2度方向転換しながら2カ月余りで80m移動。作業に協力した我妻組(山形県米沢市、我妻悦雄社長)の石川憲太郎取締役工事部長は「天守は重要文化財で制約が多く、老朽化している部分もあって作業を慎重に進めた」と話す。
 今後は天候にもよるが、土台下鋼材撤去やジャッキダウンといった作業を行い、24日午前10時から仮天守台への着座式を開催。今月末までに天守内部の鉄骨撤去など曳家工事に関連する作業を完了させる。
 弘前城の石垣修復は14年度から10年がかりで実施される。同市は明治以来100年ぶりの大事業として工事を盛り上げ、「弘前の魅力を積極的に発信する」(葛西憲之市長)ための絶好の機会と捉えている。

弘前城の引っ越し完了/青森県弘前市、10月24日に仮天守台着座式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

アクセスランキングをもっと見る

page top