「五郎丸歩」がヤマハ発動機で体現した企業スポーツの意義 画像 「五郎丸歩」がヤマハ発動機で体現した企業スポーツの意義

マネジメント

 「ヤマハ発動機の五郎丸です」。鍛え抜かれた大きな体をスーツに包み、名刺を差し出した初対面の広報マンに強い印象を受けた覚えがある。

 「来シーズンは正規社員チームで臨みます」―。同社がラグビー部にそう通達したのは2009年11月。リーマン・ショック後の景気後退で過去最悪の赤字を計上し、社員の希望退職を募る事態となっていた。

 プロ契約と社員選手が混在していたチームでは移籍を選んだ仲間もいた。しかし学生時代からスーパースターだった五郎丸歩さんは、引く手あまたにもかかわらず残留を決断。広報に配属された。主な仕事は試乗や撮影用バイクの手配で、電話も自分で受ける。

 元ラグビー部の同僚は「社員と接したことで応援されている実感がある。両立はきついが、精神面で良い影響もあったはず」と話す。同部は11年に清宮克幸監督を招き、今年2月の日本選手権で初優勝。ワールドカップでの活躍につながる。軌を一にして社の業績もV字回復した。

 社員をリストラする中でなぜラグビー部を残すのか。当時はそんな声も聞かれた。あきらめない心と、仲間との一体感。五郎丸選手のキックが描く美しい放物線に、企業スポーツの持つ意義を再発見した思いがする。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

    ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  3. 【展望2016・上】収益基盤安定に注力するゼネコン各社、具体指針は?

    【展望2016・上】収益基盤安定に注力するゼネコン各社、具体指針は?

  4. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  5. 支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  8. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  9. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

  10. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

アクセスランキングをもっと見る

page top