【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い 画像 【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い

人材

 ◇地域住民の頼りになる職員に
 区の職員としては初の女性土木技術者。道路や橋梁を整備・改良する部署の係長になって3年目だ。「地域住民の方々に最も近い立場だから、直接さまざまな意見をもらえる。良くなったと言われると素直にうれしい」。昔も今も仕事の面白さは変わらない。
 高校生の時、「自分の家を自分で設計したい」と思い、建設関係の仕事に興味を持ち始めた。街づくりなど計画系の分野も学ぶうちに、土木の世界へ。就職後に経験した最初の道路工事が今でも強く印象に残っている。
 「昔と違って、今は地域の将来像を考えてインフラを整備しなければならない。住民の方々の意見をくみつつも、こちらの意見もしっかり伝える。そうしたやりとりが、苦労でもあり、やりがいでもある」と話す。目指すのは「地域住民の頼りになる職員」。係長として全体を統括する立場だが、「もっと現場に行かなければ」と地域密着を常に意識している。
 今では後輩の技術系職員も増えた。「あまり気負わずに、どの仕事でも自分のやれることを一生懸命にやることが大事」と助言する。現場に出る仕事は大変だが、その楽しさを後輩にも伝えたいと思っている。
 「ああでもない、こうでもないとやりながら、みんなで一つのものをつくり上げていくことが好き。後輩の係員が路頭に迷うことがないよう、なるべく風通しがいい環境をつくっていきたい」。(なかむら・みお)

凜/東京・港区街づくり支援部土木課道路橋りょう係長・中村美生さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん

    TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん

  2. 九州整備局ら協議会が福岡市で現場見学会開く/担い手確保へ高校2年生招待

    九州整備局ら協議会が福岡市で現場見学会開く/担い手確保へ高校2年生招待

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  4. 移住者が経営を受け継ぐ「継業」、農山村で動きだす!

  5. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  6. 【中小企業の『経営論』】第4回:「人材は採れなくて当たり前」という話を聞いて思うこと

  7. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  8. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

  9. 【HANJO女子】ネクスコ・メンテナンス関東千葉事業所・宮田茉実さん/知識と経験重ねて夢を実現

  10. 6月統一土曜閉所、2年連続で過去最高更新/日建協、自治体に呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

page top