【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い 画像 【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い

人材

 ◇地域住民の頼りになる職員に
 区の職員としては初の女性土木技術者。道路や橋梁を整備・改良する部署の係長になって3年目だ。「地域住民の方々に最も近い立場だから、直接さまざまな意見をもらえる。良くなったと言われると素直にうれしい」。昔も今も仕事の面白さは変わらない。
 高校生の時、「自分の家を自分で設計したい」と思い、建設関係の仕事に興味を持ち始めた。街づくりなど計画系の分野も学ぶうちに、土木の世界へ。就職後に経験した最初の道路工事が今でも強く印象に残っている。
 「昔と違って、今は地域の将来像を考えてインフラを整備しなければならない。住民の方々の意見をくみつつも、こちらの意見もしっかり伝える。そうしたやりとりが、苦労でもあり、やりがいでもある」と話す。目指すのは「地域住民の頼りになる職員」。係長として全体を統括する立場だが、「もっと現場に行かなければ」と地域密着を常に意識している。
 今では後輩の技術系職員も増えた。「あまり気負わずに、どの仕事でも自分のやれることを一生懸命にやることが大事」と助言する。現場に出る仕事は大変だが、その楽しさを後輩にも伝えたいと思っている。
 「ああでもない、こうでもないとやりながら、みんなで一つのものをつくり上げていくことが好き。後輩の係員が路頭に迷うことがないよう、なるべく風通しがいい環境をつくっていきたい」。(なかむら・みお)

凜/東京・港区街づくり支援部土木課道路橋りょう係長・中村美生さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  3. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

    【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  4. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 女性作業員の「けんせつ小町」工事チーム、登録100件突破!

  6. 【HJ HJ EYE:7】女性による起業、挑戦すべきは今

  7. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  9. 若築建設が女性社員対象の社内現場見学会、女性の活躍を後押し!

  10. 外国人労働者と働くためのコミュニケーション

アクセスランキングをもっと見る

page top