【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い 画像 【凜】東京・港区道路橋りょう係長・中村美生さん/住民に最も近い

人材

 ◇地域住民の頼りになる職員に
 区の職員としては初の女性土木技術者。道路や橋梁を整備・改良する部署の係長になって3年目だ。「地域住民の方々に最も近い立場だから、直接さまざまな意見をもらえる。良くなったと言われると素直にうれしい」。昔も今も仕事の面白さは変わらない。
 高校生の時、「自分の家を自分で設計したい」と思い、建設関係の仕事に興味を持ち始めた。街づくりなど計画系の分野も学ぶうちに、土木の世界へ。就職後に経験した最初の道路工事が今でも強く印象に残っている。
 「昔と違って、今は地域の将来像を考えてインフラを整備しなければならない。住民の方々の意見をくみつつも、こちらの意見もしっかり伝える。そうしたやりとりが、苦労でもあり、やりがいでもある」と話す。目指すのは「地域住民の頼りになる職員」。係長として全体を統括する立場だが、「もっと現場に行かなければ」と地域密着を常に意識している。
 今では後輩の技術系職員も増えた。「あまり気負わずに、どの仕事でも自分のやれることを一生懸命にやることが大事」と助言する。現場に出る仕事は大変だが、その楽しさを後輩にも伝えたいと思っている。
 「ああでもない、こうでもないとやりながら、みんなで一つのものをつくり上げていくことが好き。後輩の係員が路頭に迷うことがないよう、なるべく風通しがいい環境をつくっていきたい」。(なかむら・みお)

凜/東京・港区街づくり支援部土木課道路橋りょう係長・中村美生さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

    ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  4. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  5. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  6. 【社歌コン 応募社の横顔:5】朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  7. 【サテライトオフィスの利点:3】働き方改革をこの場所でトライする!

  8. 三代目社長のHANJO記:第2話――従業員の心をつかむ社内改革

  9. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  10. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

アクセスランキングをもっと見る

page top