TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん 画像 TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん

人材

 日本一の鉄筋工を決める全国鉄筋工事業協会(全鉄筋、内山聖会長)主催の「第1回全国鉄筋技能大会」(TETSU-1 GRANDPRIX)が17日、静岡県富士宮市の富士教育訓練センターで開かれ、飛田鉄筋工業(埼玉県戸田市、飛田良樹社長)の松田優作さん=写真=が優勝した。第1回目となった今大会には全国の会員組合・協会から、それぞれの予選を勝ち抜いた34人の選手が参加した。初代優勝者になった松田さんは、「社長や同僚が、忙しい中で練習に付き合ってくださった。後輩、新人の教育に生かしていきたい」と喜びを語った。第2回大会は、2年後に千葉・幕張の幕張メッセで開催する方向で準備を進めている。

全鉄筋/TETSU1―GP初開催/鉄筋工日本一に松田優作さん(飛田鉄筋工業)

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

    事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

  2. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  6. 岐阜県教委、特別支援教育充実と人材育成で大学と連携協定

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(2)

  9. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  10. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

アクセスランキングをもっと見る

page top