国産ジェット機MRJの「走行」試験を2週間ぶりに実施 画像 国産ジェット機MRJの「走行」試験を2週間ぶりに実施

インバウンド・地域活性

 三菱航空機(愛知県豊山町)は19日、国産小型旅客機「MRJ」の走行試験を約2週間ぶりに実施した(写真)。26-30日の間に予定する初飛行に向けた地上試験の一環で、今週中には国土交通省による初飛行前の最終審査も受ける見通し。同社はこの日の滑走速度を明らかにしていないが、時速は50キロ-80キロメートル程度に達し、過去最高だったとみられる。

 走行試験の実施は7日以来。愛知県営名古屋空港の滑走路で、蛇行したり急ブレーキをかけたりして性能を確かめた。今後の試験結果に問題がなければ、国交省航空局による飛行許可を得た後、初飛行する。

 初飛行直前には離陸寸前となる時速200キロメートル程度の走行も予定する。MRJは約半世紀ぶりに開発される国産旅客機。初号機納入は17年4―6月を予定する。
(名古屋)

MRJ、2週間ぶり走行試験

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

    日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 東京都の技能人材育成大賞に中野の縫製工場、作業動画の共有など

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

アクセスランキングをもっと見る

page top