国交省、品確技術者資格登録で追加公募、新設時関連業務でも登録 画像 国交省、品確技術者資格登録で追加公募、新設時関連業務でも登録

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、「公共工事に関する調査および設計等の品質確保に資する技術者資格登録規定」に基づく民間資格の追加公募を19日に開始する。点検・診断といったメンテナンス関連業務だけでなく、新設時の計画・調査・設計業務を追加した登録規定に改正した。申請期間は12月11日まで。応募のあった技術者資格を審査した上で登録簿に記載し、16年度以降の業務発注時に評価するなど活用を図る。
 今回改正した登録規定は、8月19日から9月17日まで実施した規定案への意見募集で指摘された事項を一部反映させ、16日付の官報で告示した。
 点検・診断等業務で追加した施設分野は、▽土木機械設備▽堤防・河道▽下水道管路施設-の三つで、これらの点検や診断を実施する管理技術者、担当技術者として保有すべき資格を登録することになる。これらの追加によって、点検・診断等業務では13施設分野で民間の技術者資格の登録が行われる。
 一方、新設の計画・調査・設計業務では、18施設分野の27業務について、管理技術者、照査技術者または担当技術者として保有すべき資格を公募し、登録する。
 これらの登録資格を保有した技術者については、直轄発注業務での配置を入札参加資格として求めるほか、総合評価方式の入札で加点対象とすることで活用。今後、直轄だけでなく、地方自治体などが発注する業務でも、これら資格保有者が活用されるよう呼び掛けていく。
 14年度に公募し、15年度に活用を始めた登録資格は50件。それぞれに「品確資格第◯号」と付して登録簿に記載されている。国交省直轄業務では、本年度上半期(4~9月)に発注された計199件のうち、約6割に当たる126件(橋梁93件、トンネル15件、砂防・地すべり防止・急傾斜地崩壊防止施設9件、港湾施設9件)で登録資格保有者が配置されるなど、積極的に活用されている実態が明らかになっている。今後、各業務の成績評定や受注者アンケートなどを通じて、資格の活用効果などをフォローアップしていく考えだ。
 改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)では、調査・設計の品質を確保するために、一定の保有資格を評価することをうたっている。そのため国交省は、有識者で組織する技術者資格制度小委員会で、規定に基づき応募のあった民間資格を評価するほか、規定に追加する資格の検討などを行う。
 計画・調査・設計の技術者資格登録で対象とする施設や業務は次の通り。
 【地質・土質】調査=管理技術者または主任技術者
 【建設環境】調査=管理技術者
 【電気施設・通信施設・制御処理システム】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【建設機械】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【土木機械設備】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【都市計画および地方計画】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【都市公園等】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【河川・ダム】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【下水道】計画・調査・設計=管理技術者
 【砂防】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【地すべり対策】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【急傾斜地崩壊等対策】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【海岸】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者▽調査=管理技術者、照査技術者
 【道路】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【橋梁】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【トンネル】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者
 【港湾】計画・調査(全般)=管理技術者、照査技術者△同(深浅測量・水路測量)=同△同(磁気探査)=同△同(潜水探査)=同△同(気象・海象調査)=同△同(海洋地質・土質調査)=同△同(海洋環境調査)=同△調査(潜水)=担当技術者△設計=管理技術者、照査技術者
 【空港】計画・調査・設計=管理技術者、照査技術者。

国交省/品確技術者資格登録で追加公募/規定改正、新設時の関連業務でも登録

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  2. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 小型ドローンにも搭載可能なワイヤレス充電、実用化に向け開発

アクセスランキングをもっと見る

page top