【回転窓】電力全面自由化のメリットは 画像 【回転窓】電力全面自由化のメリットは

インバウンド・地域活性

 異能の科学者と言われたニコラ・テスラ。発明王のエジソンと電力供給システムをめぐって争い、エジソンが提唱する直流式を抑えて、テスラが考案した交流式が現在の送配電システムの主流になっていることはあまり知られていない▼テスラは1943年に86歳で亡くなったが、交流電流だけではなく、ラジコンなどの無線トランスミッター、蛍光灯など数多くの発明品を世に残した。その奇抜なアイデアは他を圧倒したといわれる▼ただ、奇抜さゆえに、周囲からはなかなか理解を得られないことも。その一つが、無線送電システムの提唱。地球の電磁波を媒介させ、電気を安価に送電しようというものだった▼実際に実験装置を米国内に建設するが、支援者が途中で資金提供を打ち切ったため、研究を断念せざるを得なかった。テスラの発想は、時代をあまりにも先取りし過ぎたのかもしれない▼16年4月の「電力小売り全面自由化」に向け、電力分野への新規参入に名乗りを上げる企業が相次いでいる。電気は人間が生活する上で最も重要なインフラの一つ。自由化のメリットを本当に享受できるのだろうか。

回転窓/電力全面自由化のメリットは

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top