東京都が五輪施設整備の入札を公告…DB方式で1月開札 画像 東京都が五輪施設整備の入札を公告…DB方式で1月開札

インバウンド・地域活性

 東京都財務局は16日、2020年東京五輪の競技会場のうち、実施設計と施工を一括するデザインビルド(DB)発注方式を採用する3施設の一般競争入札(WTO対象)を公告した。申請書などの提出は、「オリンピックアクアティクスセンター(仮称)(27)新築工事」と「有明アリーナ(仮称)(27)新築工事」が11月20~26日、「平成27年度海の森水上競技場整備工事」が同24~27日に受け付ける。3件とも技術提案型総合評価方式を適用し、12月9または10日にヒアリングを行う。入札書の提出は16年1月13日まで受け付け、同1月14日に開札する。
 入札参加資格は、オリンピックアクアティクスセンターと有明アリーナが、▽建築工事▽電気工事▽空調工事▽給排水衛生工事-の4業種による分担施工方式(乙型)の異業種JV。それぞれの業種で共同施工方式(甲型)のJV結成を求める。
 各甲型JVの要件を見ると、建築工事は4者以上で構成。経営事項審査の建築一式の総合評定値が、第1、第2順位構成員は1200点以上、第3順位構成員は1000点以上、第4順位以降の構成員は800点以上とした。建築以外の業種はいずれも2者以上で構成。電気工事は電気、空調工事と給排水衛生工事は管の経営事項審査(経審)の総合評定値が、第1順位構成員は1200点以上、第2順位以降の構成員は800点以上であることなどを求める。
 海の森水上競技場の参加資格は、▽河川工事▽水門門扉工事▽ポンプ据え付け工事▽建築工事-の4業種による異業種JV。河川工事は3者以上で構成。経審の土木一式の総合評定値が第1順位構成員が1200点以上、第2順位構成員が1100点以上、第3順位以降構成員が900点以上を要件とした。
 建築工事は2者以上で構成し、建築一式の総合評定値が第1順位構成員は1200点以上、第2順位以降構成員は800点以上を求める。
 残る2業種は単体企業とし、ポンプ据え付けは機械器具設置の経審総合評定値が1100点以上。水門門扉は鋼構造物の経審評定値が900点以上などを要件とした。
 オリンピックアクアティクスセンターはS一部SRC・RC造5階建て延べ約7万7000平方メートルの規模で、五輪後は延べ約4万6000平方メートルに減築する。建設地は江東区辰巳2の2。工期は19年12月20日まで。予定価格は498億5365万8000円。
 有明アリーナはRC一部S・SRC造5階建て延べ約4万5600平方メートルの規模。建設地は江東区有明1の9。工期は19年12月9日まで。予定価格は334億2171万2000円。
 海の森水上競技場は、延長約350メートルの締め切り堤などの港湾施設や、水門2基、揚排水施設各1カ所、S造2階建て延べ6000平方メートルの競技関連棟2棟などを整備する。建設地は江東区青海3丁目地先。工期は19年3月28日まで。予定価格は230億5429万6000円。

東京都財務局/五輪会場3施設整備入札公告/DB方式採用、16年1月14日開札

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位

  10. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

アクセスランキングをもっと見る

page top