海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器 画像 海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器

インバウンド・地域活性

「海外で自分の商品を見ると涙がでてくるんです。それは何回見ても同じ。その次に浮かんでくるのが社員の顔です。(現地の様子を)写真を送ることはできるんですが、実際に海外に連れてって見せてあげたいですね。私にも子供はいるし、社員皆にも親がいる。一人ひとりを大切に思っていい製品づくりをしていきたいです」

 そう語るのは岩鋳の代表取締役副社長の岩清水弥生氏だ。盛岡駅から約15分ほどのところに本社を構える岩鋳。明治35年に創業し、100年以上にわかって南部鉄器の伝統を守り続けている老舗である。重厚感にある鉄瓶は1から10まで手作業で、道具のハケも草から作る。一人前になるまでに10年はかかるという。本社の横には見学コーナーが設置されており、実際の製作工程を見ることができる。

 今でこそ知らない人はいないといわれるほどの工芸品を作り続けている同社だが、時代の影響をもろに受けてきた。盛岡はもともと観光業が栄えていた地域であもある。弘前、角館などに行く目的の人たちが盛岡で下車し、岩鋳にも来てくれたという。しかし、新幹線が青森まで伸びると盛岡は通過点に。そして東日本大震災で大きく減少した。「こんなに広くしたのは観光のお客様のためなんですよ。今困ってるんですよ」と、岩清水氏は笑いながら話す。

 「これから国内の売上げは減っていきますか?」、そう聞くと「あぁ、もちろんそれはそうですね」と岩清水氏は即答する。しかし、それでも同社が生き残っているのは現実を見ながら時代に合わせた経営を行ってきているからだろう。

 「私共は伝統工芸品に認定されている鉄瓶作りからはじまったんですけど、しだいにアルミや色んな素材がでてきて、鉄はおされてきました。それが昭和30~40年くらいでしょうか。それで鉄瓶だけでは負けてしまうということで、当時で言えばすき焼き鍋などの鍋作りや灰皿などを手掛けました。ある程度大量生産可能な機械も導入しました」(岩清水氏)

 現在では現在の感覚に合わせたお洒落なキッチンウェアや急須も注目されている。「例えばすき焼き鍋はテフロンよりも油の浸み込みも良くふっくらと焼けるんです」と岩清水氏はアピールする。相次ぐ注文に生産は大忙しで、今から申し込んでも1年待ちの状態。鉄瓶は店にもないという。

 しかし、もっと驚かされるのは、売り上げの半分が海外であるという点だ。もともとフランクフルトのイベントなどに出展して海外向けにアピールしていたことはあったが何故人気がでないのかわからなかったという。当時は普通の黒い急須を出品していた。

 輸出が伸び出したのは20年前。きっかけは、フランスの客が急須を黒ではなくもっとカラフルなフランス人好みの色で作って欲しいと言われたことだ。その客というのは紅茶メーカーだった。紅茶と一緒に販売したり、もてなしに使う「新しい素材を探していたのではないですかね」と岩清水氏は振り返る。ただし、色をつけるということは単純な作業ではない。季節や温度の違いによって色のノリが違い、少しでも気を抜くと同じ青でも求められている青と異なる色になってしまう。「伝統工芸に、これまでとは違うカラフルな色を加えるということに反発はなかったです。しかし作っている方にしてみれば、一生懸命に作ったのものが、果たしてこんな色で売れるのだろうかという不安は随分あったと聞いてます」。結局、口コミで評判が広がり、今では岩鋳が急須や南部鉄器の代名詞になっているほどだ。価格は海外では倍になっている。にもかかわらずインテリアとしてではなく、生活のなかで実際に使われている。また、海外では1個でなく2~3個所持しているファンもいる。クリスマスシーズンの贈答品としての需要もものすごいという。岩清水氏は「色をつけてくれという依頼を断っていたら、今の私たちはなかったと思いますね」と話した。

 「日本はこれからどんどん少子高齢化の時代になっていきます。(南部鉄器は)いいものだけど重くてねという人も多くなります。でも、海外では反応が違います。鉄なので重いのは当たり前という発想があるようです」。個数で見ると売り上げが多いのは米国、次いで欧州。あとはアジア圏だ。欧米では急須が、アジアでは鉄瓶や鍋が人気だ。

 なお、伝統工芸というと後継者不足が心配されるが、岩鋳に関しては心配なさそうだ。「理由はわからないのですが、若い人たちの動きも活発です。一度はほかの地域でサラリーマンを経験し、Uターンしてくる人もいます」(岩清水氏)とのこと。それだけに、社員教育にも気を配る。「工場の人たちの意識改革も行いました。まずは整理整頓を行い、動きやすく次の工程に流れやすい配置を維持するようにしました。また納期がどれほど大切か?品質の重要性を認識してもらうようにしてます。それらは頭ごなしに言うのではなく、一人ひとり話を聞いてあげて、工場の問題点を出していくようにしています」。なお、製造管理や品質管理については大したことはしていないと話すが、どの工程でどのような問題が出たかなどをデータ化したり、検品のシステム導入も考えている。

 伝統工芸の重みについて聞くと岩清水氏は「やはりそこからはじまっているので、もう失えないですよ」「こんな大事なものはないです」と話す。規模を大きくしていくなどの考えはないし、海外支社を出す予定もないという。「現場の、盛岡の空気を見ながら売っていくのが大切なのかな」と思っているという。

【連載・視点】海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸……岩鋳の南部鉄器

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top