日本精工、ステップATの遊星歯車機構向けスラストニードル軸受を開発 画像 日本精工、ステップATの遊星歯車機構向けスラストニードル軸受を開発

制度・ビジネスチャンス

日本精工は、自動車の自動変速機として広く普及している多段変速機(ステップAT)に使用される遊星歯車(プラネタリ)機構向けに、世界最小ころスラストニードル軸受を開発した。

ステップAT用遊星歯車機構部には、ワッシャ(すべり軸受)が使用されているが、摩擦損失の低減が課題となっている。

今回、世界最小のころと板厚0.2mmのレースを組み合わせることで、ワッシャと同じサイズとし、ワッシャからスラストニードル軸受への置き換えを可能となった。ワッシャに比べて、摩擦損失を70~80%低減した。また、樹脂保持器内周側に潤滑穴を設け、高速回転環境下での潤滑性を確保、耐焼付き性が向上した。

新製品によりステップATの効率を高め、自動車の燃費向上に寄与する。2020年に年間18億円の売上を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

    【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

    国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  4. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  5. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  6. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  7. 【解決!社長の悩み相談センター】第22回:「息子」か「片腕」か…後継者選びで考えること

  8. 【健康経営が生む新ビジネス:1】“チャットで健康相談”にニーズ

  9. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top