日本精工、ステップATの遊星歯車機構向けスラストニードル軸受を開発 画像 日本精工、ステップATの遊星歯車機構向けスラストニードル軸受を開発

制度・ビジネスチャンス

日本精工は、自動車の自動変速機として広く普及している多段変速機(ステップAT)に使用される遊星歯車(プラネタリ)機構向けに、世界最小ころスラストニードル軸受を開発した。

ステップAT用遊星歯車機構部には、ワッシャ(すべり軸受)が使用されているが、摩擦損失の低減が課題となっている。

今回、世界最小のころと板厚0.2mmのレースを組み合わせることで、ワッシャと同じサイズとし、ワッシャからスラストニードル軸受への置き換えを可能となった。ワッシャに比べて、摩擦損失を70~80%低減した。また、樹脂保持器内周側に潤滑穴を設け、高速回転環境下での潤滑性を確保、耐焼付き性が向上した。

新製品によりステップATの効率を高め、自動車の燃費向上に寄与する。2020年に年間18億円の売上を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 経営者は“いい欲”を持とう!

    経営者は“いい欲”を持とう!

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. グローバル意識を高めるために。奈良の高校と英・有名大学との交流企画

  5. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  7. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  8. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  9. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  10. 東北自動車道に緊急流入路を整備。救急医療機関へのアクセス短縮化

アクセスランキングをもっと見る

page top