マリモ、フィリピンとインドネシアでサービスオフィス事業を展開 日本語対応 画像 マリモ、フィリピンとインドネシアでサービスオフィス事業を展開 日本語対応

制度・ビジネスチャンス

日本人による日本語での安心対応
株式会社マリモのフィリピン現地法人であるマリモ・リアルエステート・フィリピンは、10月15日、インドネシアのフォルティス サービス オフィス(Fortice Serviced Office)と、サービスオフィス事業における業務提携契約を締結したと発表した。

フィリピンとインドネシアの両国でビジネス展開する会員企業に対し、サービスを拡充することで、同社の認知度を向上させ、新規会員企業を獲得することが狙い。

今回の事業提携により、会員企業は、フォルティスが管理するビジネスセンターの会議室およびセミナールームについて、会員価格で利用できるようになった。

フォルティスは、現在、ジャカルタ市内のビジネスエリアに7拠点、スラバヤに1拠点あり、さらに、もう1拠点をジャカルタ市内に年内オープンするという。

利用時の予約は、マリモ・リアルエステート・フィリピンが運営する「マリモサービスオフィス」が受け付ける。日本語での問い合わせに対しては、日本人(Japanese account)が対応するとのことなので、語学力に自信がなくても安心だ。

サービスを拡充により新規顧客獲得へ
同社は、今年10月1日付けでプロネクサス台湾ともサービスオフィス事業における業務提携契約を締結しており、フィリピン、台湾およびインドネシアの3カ国において事業を展開することになる。

同社が運営する「マリモサービスオフィス」は、日本仕様の設備を備えた日系企業初・最大規模のサービスオフィスだ。

高速インターネット回線や快適なオフィス空間、会議室、家具、複合プリンターを完備しており、会社設立準備からパートナー企業や銀行・不動産業者などの提携先の紹介サポートも行い、コンパクトかつスピーディにオフィスを開設したいという要望に応えている。

同社は、今後も、日本の「おもてなし」を生かし、きめ細かいサービスを提供することで、東アジアにおける事業を拡大していきたい考えだ。

マリモ フォルティスと業務提携!会員サービスは3カ国に拡大

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

    ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

    国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

  4. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  5. 広島県尾道市の支所庁舎、歴史・風土を反映した設計とは?

  6. 国交相と建設業界団体との意見交換会、残業規制適用除外の「見直し」に言及

  7. 果汁、バニラ/ジュース感覚で豆乳飲料、多彩な商品で若年層に訴求

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  9. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  10. ヨーグルトの需要が増大、脱脂粉乳の輸入枠2.6倍に!

アクセスランキングをもっと見る

page top