ジョギング装置をリハビリ向けに改良、岩手から世界市場へ! 画像 ジョギング装置をリハビリ向けに改良、岩手から世界市場へ!

インバウンド・地域活性

 【仙台】大武・ルート工業(岩手県一関市、太田義武社長、0191・24・3144)は、床から走行面の高さ(走行面高)が3・5センチメートルの低床トレッドミル(ジョギングマシン)を開発した。同社従来品では5・5センチメートルが限界だった。海外製品など同性能の他社品と比べて、8分の1程度まで低くした。世界のリハビリテーションやフィットネス市場を対象に改良を続け、2017年3月末までの発売を目指す。

 トレッドミルを低床化すると走行面がスリップするなどの問題が起きていた。同社はローラーなどに工夫を施し、機構的に摩擦を発生させることでスリップしない低床トレッドミルを実現した。

 トレッドミルは歩行訓練のためリハビリテーション施設などで使われる器具。トレッドミルの高さは歩行困難な利用者がトレッドミルの床に足を乗せるとき障害になる。これまでは他者が手伝うほか、床下に埋め込み段差をなくす工事を行うなどして対応していた。低床化により、こうした手間が省かれる。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の「JAPANブランド育成支援事業」採択事業。事業性の調査やデザインや外観、操作パネルの修正を経て、17年3月末までに発売する計画だ。

ジョギング装置をリハビリ向けに改良、世界市場へ―足乗せやすく低床化

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  4. 岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

  5. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  6. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top