ジョギング装置をリハビリ向けに改良、岩手から世界市場へ! 画像 ジョギング装置をリハビリ向けに改良、岩手から世界市場へ!

インバウンド・地域活性

 【仙台】大武・ルート工業(岩手県一関市、太田義武社長、0191・24・3144)は、床から走行面の高さ(走行面高)が3・5センチメートルの低床トレッドミル(ジョギングマシン)を開発した。同社従来品では5・5センチメートルが限界だった。海外製品など同性能の他社品と比べて、8分の1程度まで低くした。世界のリハビリテーションやフィットネス市場を対象に改良を続け、2017年3月末までの発売を目指す。

 トレッドミルを低床化すると走行面がスリップするなどの問題が起きていた。同社はローラーなどに工夫を施し、機構的に摩擦を発生させることでスリップしない低床トレッドミルを実現した。

 トレッドミルは歩行訓練のためリハビリテーション施設などで使われる器具。トレッドミルの高さは歩行困難な利用者がトレッドミルの床に足を乗せるとき障害になる。これまでは他者が手伝うほか、床下に埋め込み段差をなくす工事を行うなどして対応していた。低床化により、こうした手間が省かれる。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の「JAPANブランド育成支援事業」採択事業。事業性の調査やデザインや外観、操作パネルの修正を経て、17年3月末までに発売する計画だ。

ジョギング装置をリハビリ向けに改良、世界市場へ―足乗せやすく低床化

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 福岡県柳川市の市民文化会館、コンセプトは「水上に浮かぶ柳川の舞台」

  5. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  8. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top