指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート 画像 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

IT業務効率

 ハウステンボスの園内で生体認証による決済サービスが10月31日からスタートする。年間来場者が数百万人規模の施設で、生体認証による決済サービスを導入するのは世界初の試みだ。

 導入されるのは、ハウステンボス園内で使用できる地域通貨「テンボス通貨」の決算システム。Liquidが開発した生体認証決算システムである「Liquid Pay」を使って、園内で決算を行う。

 「Liquid Pay」は指紋を決済IDとしており、ICカードなどに比べてなりすましリスクが低く、低コストで導入ができる。ハウステンボスでは入園時に登録してデポジットすることで、園内施設の端末に指をタッチするだけで支払いができるようになる。

 Liquidはこれまでに生体認証を使ったオフィス、学校、病院向けの本人認証システムや、飲食店、ホテルなど向けの決算・会計管理システムを販売、運営している。今後は金融などを含めた分野でのサービス展開を狙っているとのことだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大

    ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大

  4. 次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  6. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  7. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  8. かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

  9. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  10. カットリンゴ、規格外を高値買い取り。産地明記で取引拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top