対ミャンマー牛肉の輸出条件を締結 農林水産省 画像 対ミャンマー牛肉の輸出条件を締結 農林水産省

海外進出

ミャンマーへの牛肉輸出が可能に
農林水産省は14日、ミャンマー政府当局との間で、牛肉輸出のための検疫協議を全て終了し、輸出条件を締結したと発表した。協議は平成16年6月から厚生労働省との連携で行われてきた。

日本産牛肉をミャンマーに輸出するにあたっては、「対ミャンマー輸出牛肉の取扱要綱」で定められた食肉衛生証明書が必要。厚生労働省が対ミャンマー輸出牛肉取扱施設を認定した後、輸出が可能となる。

輸出の条件は8項目 ラベル表示も義務化
ミャンマーへ牛肉を輸出するにあたっての条件は、「日本で出生し飼養されたもの」または「と畜前4カ月以上日本にいたもの」、「日本の常勤獣医官によると畜前後検査を受け、伝染性疾患に罹患していないか確認されたもの」、「肉および肉製品は、人の健康に有害な保存料、添加物、放射性物質等を含まないこと」など8項目。

さらに、日本当局より認定された製品を供給する際には、「原産国」や「牛の個体識別番号」「と畜場およびカット/処理場の名称」「と殺日(年月日)」「製品重量」を包装ラベルに表示することが義務付けられる。

なお、ミャンマー向けに牛肉を輸出する場合、輸入業者がミャンマー商業省から輸入ライセンスを事前に取得する必要がある。詳しくは、日本貿易振興機構(JETRO)ホームページ内のミャンマーの輸出入手続きを参照すること。

(画像はイメージです)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  2. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

    宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  3. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

    米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  6. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  7. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  8. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  9. 日・インドネシア首脳会談、インフラ整備で今後も協力

  10. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

アクセスランキングをもっと見る

page top