空き店舗利用の岐阜の月1マーケット、毎週末営業の半常設店新設 画像 空き店舗利用の岐阜の月1マーケット、毎週末営業の半常設店新設

インバウンド・地域活性

 岐阜柳ケ瀬商店街のマーケットイベント「サンデービルヂングマーケット」が、新たに毎週末に出店する“週末の店”こと「WEEKEND BUILDING STORES」を11月14日に開始する。

 「サンデービルヂングマーケット」とは、岐阜柳ケ瀬商店街の空き店舗などを活用して、2014年9月から毎月第3日曜日に開催されているイベント。ハンドクラフトやカフェ、飲食店などが空き店舗などを利用して出店し、商店街をマーケットに変える。50店舗ほどの出店からスタートし、現在では毎月120店舗程度が出店するようになった。

 スタートから1年が経過し、イベントとして定着してきたことを受けて、次のステップとしてスタートするのが「WEEKEND BUILDING STORES」だ。これまで月1回だった出店者の常設店舗化をめざして、毎週金曜から日曜までの計3日間出店する事業者を募集する。事業計画や店づくりのサポートも行い、若手世代を中心とする新たなテナント事業者の発掘や育成を行うことが狙いだ。

 会場は岐阜市の柳ケ瀬商店街ロイヤルビル1・2階。毎週金曜から日曜までの開催で、営業時間は12時から18時まで。継続出店は1か月までで、手づくりなどのこだわりがある商品やサービスを提供する事業者が対象となる。若手支援という目的から、出店料は相場よりも安価での設定を予定しているという。

 出店申し込みの受け付けは、11月2日からホームページ上で開始。11月14日からスタートし、2016年9月30日まで継続予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 【運転席からひび割れ確認】 設計・開発フロンティア/カナモト遠隔橋梁点検車

  7. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  8. 静岡県・三島駅南口東街区再開発、16年度に協力者公募へ

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

アクセスランキングをもっと見る

page top