東京・品川の東京貨物ターミナル駅で大型物流施設開発 画像 東京・品川の東京貨物ターミナル駅で大型物流施設開発

インバウンド・地域活性

 JR貨物は、東京都品川区の東京貨物ターミナル駅(八潮3の3の22)で計画している総延べ22万平方メートルを超す大型物流施設開発の事業パートナーを三井不動産に決め、このほど基本合意書を交わした。今後、先行して事務所棟や立体駐車場の建設に着手し、18年1月から延べ約6万1000平方メートル規模の「(仮称)エフ・プラザ東京M棟」、19年10月から延べ約16万1000平方メートル規模の「(仮称)エフ・プラザ東京N棟」の建設に入る予定だ。M、N両棟の設計・施工者は未定。総事業費は350億円を見込んでいる。
 同社の計画によると、同駅の南側(敷地面積約10万7000平方メートル)に、物流施設2棟と事務所棟、駐車場を整備する。物流施設は両棟ともに5階建てで、免震構造を採用。N棟は、大型車両が各階に直接乗り入れできるランプウエーを2基備えたマルチテナント型の施設とする。
 貨物鉄道に直結した大型物流施設を開設することで、鉄道貨物輸送の利用促進を図ることが狙い。温度管理が必要な貨物を保管する冷蔵冷凍倉庫機能などを採用し、多様な物流ニーズに対応する。
 三井不は、JR貨物から開発業務を受託し、開発計画の企画立案、テナント誘致を行う。竣工後のマスターリース、建物の管理・運営も担う。
 M棟は19年8月、N棟は21年10月の竣工を予定している。

JR貨物/東京貨物ターミナル駅(東京都品川区)で大型物流施設開発/事業パートナーに三井不

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

    共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top