三菱自動車マレーシア、現地で人気のトライトンに新型 画像 三菱自動車マレーシア、現地で人気のトライトンに新型

海外進出

セダンとの融合!デザインにもこだわった新型ピックアップトラック!
日本の大手自動車メーカー三菱自動車がマレーシアで展開している三菱自動車マレーシア。同社が13日、マレーシアで人気の高いピックアップトラックの新型トライトンを発表した。

快適性を持つセダンと、機能性の高いピックアップトラックを融合させたような、スタイリッシュなデザインになっており、三菱自動車のこだわりが垣間見えるデザインとなっている。

4WDで4Lギア、オフロードで高性能を発揮!最大トルク400Nm、2000rpm
新型トライトンには、2.5リットル直列4気筒コモンレール・ターボディーゼル・エンジンが搭載されており、ピックアップトラックとしては最大級の最大トルク400Nm、2000rpmという高い性能を発揮する。また4WDで4Lギアも擁し、オンロードからオフロードまで幅広いシーンで活躍するピックアップトラックとなっている。

昨年8月には報道陣を呼び、塗装道路や砂利道があるウル・スリムからオラン・アスリ村まで疾走。その高い性能に自信と確信を持って披露している。

(画像は Mitsubishi Motors Malaysia ニュースリリースより)

三菱自動車マレーシア、注目の新型トライトンを発表!国内で人気のSUT!

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  4. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  7. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  8. 西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

  9. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  10. 三井不/米国でオフィスビル開発参画/総事業費4000億円超、22年竣工めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top