【次世代農業EXPO】剥かずにトウモロコシのランク付け……旭川計量機 画像 【次世代農業EXPO】剥かずにトウモロコシのランク付け……旭川計量機

イベント

 スーパーに皮つきのトウモロコシが山積みになっているのを見かけることがある。「どうぞ皮をむいて持って行ってください」と書かれているのだが、こうした商法が多少の問題を起こしていたいた。

 「主婦の方はモウモロコシの先端をむいてみて実が詰まってなかったら購入をやめちゃうんです。その結果、先端の皮がむかれた商品だけが売れ残る形になり、消費者からスーパーに、スーパーから生産者にクレームが発生します」

 そう話すのは旭川計量機のスタッフだ。同社は農作物ラインや農産作業効率化・検査機器を製造・販売する北海道の企業である。「次世代農業EXPO」の会場で展示されていたのは、こうした販売現場の状況に対応しようと開発されたスイートコーンX線検査選別システムだ。これは、X線によってコーンの先端に実が詰まっているかどうかを判別、さらに形状、重量、長さによってランク選別するもの。最大処理能力は1分間に60本。先端の状態までチェックすることができるので、スーパーなどへは最適な商品を出荷することができるとしている。

 ほかにも同社では、アスパラを重量で正確に選別したいという声に対応した「アスパラ重量選別機」、種子馬鈴薯の選別、箱詰め、管理まで行う「種子馬鈴薯選別箱詰ライン」なども販売している。

【次世代農業EXPO】スーパーのクレームを減らすトウモロコシ専用機械……旭川計量機

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

  2. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

  3. ジェトロが途上国25カ国49社の商品紹介、国際食品・飲料展2016

    ジェトロが途上国25カ国49社の商品紹介、国際食品・飲料展2016

  4. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  5. 健康管理はコストではなく投資――CHO構想実践セミナー

  6. 【国際ロボット展】介助犬のように障害者をサポートする支援ロボット「HSR」

  7. 神奈川県で「CHO構想実践セミナー」、健康経営の手法を紹介

  8. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  9. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  10. 文科省、12月に「子どもの心のケア」の研究協議会開催

アクセスランキングをもっと見る

page top