ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル! 画像 ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル!

ライフ

 来日中のボリス・ジョンソン英国ロンドン市長は15日、東京スクエアガーデン(東京都中央区)でストリートラグビーを体験した(写真)。2019年ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げるため、ロンドン・東京両都市が連携して、ラグビーの普及・地域創生につなげるのが狙い。

 ストリートラグビーは初心者でも遊び感覚で楽しめる。1チーム3人で、試合時間は前後半1分ずつ。ボールを持ったプレーヤーがディフェンスに3回タッチされるまでに、インゴールにトライすると得点になる。

 体験を終えたジョンソン氏は「ストリートラグビーの前身であるラグビーのルールは1872年、ロンドンのとあるパブで誕生した。発祥の地ロンドンでラグビーを楽しんでほしい」と語った。

ロンドン市長、ストリートラグビーでハッスル!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 素人の家庭料理を提供、「日替わり母ちゃん食堂」がスタート

    素人の家庭料理を提供、「日替わり母ちゃん食堂」がスタート

  2. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

    【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  3. 横浜建協・横浜ケンジローが女子高生らにPR ゆるキャラGP控え

    横浜建協・横浜ケンジローが女子高生らにPR ゆるキャラGP控え

  4. 建設広報協会「国づくりフォトコン」最優秀作品に「夕暮れの新湊大橋」

  5. 【ご当地美人】やっぱり和服が一番!ミス加賀友禅・中野未那さん

アクセスランキングをもっと見る

page top