ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル! 画像 ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル!

ライフ

 来日中のボリス・ジョンソン英国ロンドン市長は15日、東京スクエアガーデン(東京都中央区)でストリートラグビーを体験した(写真)。2019年ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げるため、ロンドン・東京両都市が連携して、ラグビーの普及・地域創生につなげるのが狙い。

 ストリートラグビーは初心者でも遊び感覚で楽しめる。1チーム3人で、試合時間は前後半1分ずつ。ボールを持ったプレーヤーがディフェンスに3回タッチされるまでに、インゴールにトライすると得点になる。

 体験を終えたジョンソン氏は「ストリートラグビーの前身であるラグビーのルールは1872年、ロンドンのとあるパブで誕生した。発祥の地ロンドンでラグビーを楽しんでほしい」と語った。

ロンドン市長、ストリートラグビーでハッスル!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 首都高中央環状線 小菅出口が長期通行止め――出口移設のため8月24日から翌年9月末まで

    首都高中央環状線 小菅出口が長期通行止め――出口移設のため8月24日から翌年9月末まで

アクセスランキングをもっと見る

page top