ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル! 画像 ロンドン市長、都内のストリートラグビーでハッスル!

ライフ

 来日中のボリス・ジョンソン英国ロンドン市長は15日、東京スクエアガーデン(東京都中央区)でストリートラグビーを体験した(写真)。2019年ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げるため、ロンドン・東京両都市が連携して、ラグビーの普及・地域創生につなげるのが狙い。

 ストリートラグビーは初心者でも遊び感覚で楽しめる。1チーム3人で、試合時間は前後半1分ずつ。ボールを持ったプレーヤーがディフェンスに3回タッチされるまでに、インゴールにトライすると得点になる。

 体験を終えたジョンソン氏は「ストリートラグビーの前身であるラグビーのルールは1872年、ロンドンのとあるパブで誕生した。発祥の地ロンドンでラグビーを楽しんでほしい」と語った。

ロンドン市長、ストリートラグビーでハッスル!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. スカイライン2000GT-Rの限定切手セット、神奈川県内の郵便局で発売

    スカイライン2000GT-Rの限定切手セット、神奈川県内の郵便局で発売

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】誰でも簡単に超絶プレー!…究極のギターアプリ

    【地方発ヒット商品の裏側】誰でも簡単に超絶プレー!…究極のギターアプリ

  3. 【回転窓】なくなる仕事と生まれる仕事

    【回転窓】なくなる仕事と生まれる仕事

  4. 東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

  5. 「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示

  6. 竹中工務店のシンガポール超高層ビルが米アワードで最優秀作品賞

アクセスランキングをもっと見る

page top