竹中工務店のシンガポール超高層ビルが米アワードで最優秀作品賞 画像 竹中工務店のシンガポール超高層ビルが米アワードで最優秀作品賞

ライフ

 竹中工務店が建築家・伊東豊雄氏の基本設計を基に設計・施工し、シンガポールのビジネス街に完成させた高さ242mの超高層オフィスビル「CapitaGreen(キャピタグリーン)」=写真=が、米国の高層ビル・都市居住協議会(CTBUH)による15年度アワードで、アジア・オーストラリア地域の最優秀作品賞に選ばれた。造形性や環境性能が高い評価を得た。
 CTBUHは高層建築の調査・研究を行う団体。事務局をシカゴのイリノイ工科大学に置いている。「CTBUH Best Tall Building Awards」は、高層建築と都市環境の発展に顕著な貢献をし、高度なレベルで幅広くサステナビリティーを達成した作品を顕彰。15年度は33カ国・123作品の応募があり、世界4地域(米国、アジア・オーストラリア、欧州、中東・アフリカ)それぞれで最優秀作品賞を選定した。
 キャピタグリーンは、RC一部S・SRC造地下3階地上40階建て延べ8万2007m2の規模。空に向かって成長する植物のようなデザインが特徴で、外壁の55%が緑化されている。「ファンネル」(屋上大型吸気口)や「セミダブルスキン」など環境配慮技術を多数採用した。

竹中工務店/シンガポール超高層で最優秀作品賞受賞/伊東豊雄氏が基本設計

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

    今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

  2. 子連れOKのシェアオフィス広がる

    子連れOKのシェアオフィス広がる

  3. 【訃報】今誠康氏・青森県建設業協会会長、今与建設社長

    【訃報】今誠康氏・青森県建設業協会会長、今与建設社長

  4. デジタル教科書・教材市場はどうなる(前篇)

アクセスランキングをもっと見る

page top