新米、軒並み上昇…茨城コシヒカリなど前年同期比2割高の銘柄も 画像 新米、軒並み上昇…茨城コシヒカリなど前年同期比2割高の銘柄も

インバウンド・地域活性

 日本コメ市場は、2015年度第4回取引会(1日実施)の結果をまとめた。今回上場した49銘柄の大半が15年産米に切り替わった。主な銘柄は前回(8月20日実施)より高く取引され、前年同期(14年9月18日実施)に比べると2割以上の高値で取引された銘柄もあった。全体の平均成約価格は60キロ当たり1万2378円で、前回比12.5%高となった。

 各産地での概算金や相対取引基準価格の引き上げなどが、米卸など業者間の取引である同市場にも反映されたもようだ。

 上場銘柄中、26銘柄が成約した。8月中旬以降の天候不順から収穫が遅れた影響などで、上場数量は前回より24,.9%少ない2608トンになった。成約数量は34.3%増の1014トン。

 同市場の取引は、米卸など業者間での売買。継続的な取引ではなく、短期的な過不足に対応する「スポット取引」が中心となる。

 産地銘柄別の成約価格は、茨城「コシヒカリ」が8.3%高の1万1766円、千葉「ふさおとめ」が7.1%高の1万851円となった。それぞれ前年同期比でみると、茨城「コシヒカリ」は26.4%高、千葉「ふさおとめ」は21.7%高と大きく上げた。

 秋田「あきたこまち」は前年同期比4.0%高の1万1732円、新潟・一般「コシヒカリ」は2・7%高の1万4971円となった。

 大手の米卸は「飼料用米への切り替えが進んだことで、主食用の需給が改善している」と指摘。一方「値頃感のある米は、飼料用米に振り向けられた影響で不足感があり、引き合いが強まっている」とみる。次回取引は11月27日の予定。

新米、軒並み上げ 前年同期比2割高も 日本コメ市場10月取引

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top