新米、軒並み上昇…茨城コシヒカリなど前年同期比2割高の銘柄も 画像 新米、軒並み上昇…茨城コシヒカリなど前年同期比2割高の銘柄も

インバウンド・地域活性

 日本コメ市場は、2015年度第4回取引会(1日実施)の結果をまとめた。今回上場した49銘柄の大半が15年産米に切り替わった。主な銘柄は前回(8月20日実施)より高く取引され、前年同期(14年9月18日実施)に比べると2割以上の高値で取引された銘柄もあった。全体の平均成約価格は60キロ当たり1万2378円で、前回比12.5%高となった。

 各産地での概算金や相対取引基準価格の引き上げなどが、米卸など業者間の取引である同市場にも反映されたもようだ。

 上場銘柄中、26銘柄が成約した。8月中旬以降の天候不順から収穫が遅れた影響などで、上場数量は前回より24,.9%少ない2608トンになった。成約数量は34.3%増の1014トン。

 同市場の取引は、米卸など業者間での売買。継続的な取引ではなく、短期的な過不足に対応する「スポット取引」が中心となる。

 産地銘柄別の成約価格は、茨城「コシヒカリ」が8.3%高の1万1766円、千葉「ふさおとめ」が7.1%高の1万851円となった。それぞれ前年同期比でみると、茨城「コシヒカリ」は26.4%高、千葉「ふさおとめ」は21.7%高と大きく上げた。

 秋田「あきたこまち」は前年同期比4.0%高の1万1732円、新潟・一般「コシヒカリ」は2・7%高の1万4971円となった。

 大手の米卸は「飼料用米への切り替えが進んだことで、主食用の需給が改善している」と指摘。一方「値頃感のある米は、飼料用米に振り向けられた影響で不足感があり、引き合いが強まっている」とみる。次回取引は11月27日の予定。

新米、軒並み上げ 前年同期比2割高も 日本コメ市場10月取引

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top