伝統工芸品の創り手とユーザーらをつなぐイベント、24日から

インバウンド・地域活性

「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」のロゴ
  • 「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」のロゴ
  • コラボ商品「陶香堂 + 京扇子(京都)」
  • コラボ商品「TIME&STYLE MIDTOWN + 石見焼(島根)」
  • コラボ商品「AGITO + 津軽塗(青森)」
  • コラボ商品「MA by So Shi Te + 秋田杉桶樽(秋田)」
  • コラボ商品「agete 青山本店 + 九谷焼(石川)」
  • コラボ商品「玉川堂 青山店 + 三条仏壇(新潟)」
  • コラボ商品「風呂敷専門店 むす美 + 豊岡杞柳細工(兵庫)」
 伝統工芸品産業の振興を目的としたイベント「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015(JTCW 2015)」が10月24日に開催。東京・名古屋の複数ショップが協力し、伝統工芸品の展示販売を行う。

 JTCWは昨年に続いて2回目の開催となる。創り手、売り手、使い手(消費者)をつなぐイベントとして、期間中はインテリア、ファッション、専門店などで日本の伝統工芸品を販売。今年は伝統工芸青山スクエアをメイン会場に東京のショップが41店舗、国際デザインセンターをメイン会場に名古屋のショップが10店舗参加する。その他、コラボ商品の発表やワークショップ、スタンプラリーなども開催予定だ。

 ワークショップは10月30日、31日および11月2日に伝産協会 青山スクエアで実施。甲州手彫印章のハンコ掘りの実演やワークショップを行う。所要時間は30分から60分で、参加費は1500円。ケース付きで製作する場合は2000円となる。

 コラボレーション商品としては、陶器などを扱う東京・陶香堂とのコラボによる京扇子、インテリアを扱うTIME&STYLE MIDTOWNとのコラボによる石見焼など、ショップと各地の伝統工芸が協力して手がけた商品が並ぶ。

 開催期間は11月3日まで。公式サイトでは開催店舗の一覧のほか、工芸品産地のレポートも掲載している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

    熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  8. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  9. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top