伝統工芸品の創り手とユーザーらをつなぐイベント、24日から

インバウンド・地域活性

「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」のロゴ
  • 「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015」のロゴ
  • コラボ商品「陶香堂 + 京扇子(京都)」
  • コラボ商品「TIME&STYLE MIDTOWN + 石見焼(島根)」
  • コラボ商品「AGITO + 津軽塗(青森)」
  • コラボ商品「MA by So Shi Te + 秋田杉桶樽(秋田)」
  • コラボ商品「agete 青山本店 + 九谷焼(石川)」
  • コラボ商品「玉川堂 青山店 + 三条仏壇(新潟)」
  • コラボ商品「風呂敷専門店 むす美 + 豊岡杞柳細工(兵庫)」
 伝統工芸品産業の振興を目的としたイベント「JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2015(JTCW 2015)」が10月24日に開催。東京・名古屋の複数ショップが協力し、伝統工芸品の展示販売を行う。

 JTCWは昨年に続いて2回目の開催となる。創り手、売り手、使い手(消費者)をつなぐイベントとして、期間中はインテリア、ファッション、専門店などで日本の伝統工芸品を販売。今年は伝統工芸青山スクエアをメイン会場に東京のショップが41店舗、国際デザインセンターをメイン会場に名古屋のショップが10店舗参加する。その他、コラボ商品の発表やワークショップ、スタンプラリーなども開催予定だ。

 ワークショップは10月30日、31日および11月2日に伝産協会 青山スクエアで実施。甲州手彫印章のハンコ掘りの実演やワークショップを行う。所要時間は30分から60分で、参加費は1500円。ケース付きで製作する場合は2000円となる。

 コラボレーション商品としては、陶器などを扱う東京・陶香堂とのコラボによる京扇子、インテリアを扱うTIME&STYLE MIDTOWNとのコラボによる石見焼など、ショップと各地の伝統工芸が協力して手がけた商品が並ぶ。

 開催期間は11月3日まで。公式サイトでは開催店舗の一覧のほか、工芸品産地のレポートも掲載している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top