法人向け給油カードの新商品……オリックス自動車 画像 法人向け給油カードの新商品……オリックス自動車

制度・ビジネスチャンス

オリックス自動車は10月15日、法人向けガソリン給油カードの新商品「AMSフリーカード」の提供を開始すると発表した。

オリックス自動車は、これまでも法人を対象に、全国3系列(JX日鉱日石エネルギー、昭和シェル石油、コスモ石油)のサービスステーション(SS)にて、一律価格で給油ができる「AMSカード」を約60万枚発行。同社の自動車リース契約車両だけでなく、顧客が自社で保有する車両にも提供している。

AMSカードは車両ごとの専用カードで、法人や営業所単位で燃料使用量を一元的に管理・把握できることが特長。同社が提供するWEB車両情報提供システム「e-ERG」で利用状況などを確認できるほか、SSでの洗車や時間貸し駐車場の精算にも利用できる。

今回、ビジネスシーンで車を使用する社員個人の専用カードとして、使用範囲を広げた「AMSフリーカード」を発行する。これにより、営業などで社有車に加えてレンタカーを利用する場合でも、同様のサービスを利用できるようになる。

オリックス自動車では、10月19日から11月30日までの間、「AMSフリーカード入会キャンペーン」として、10枚以上を成約した顧客に「QUOカード 500 円分」をプレゼントする。

オリックス自動車、法人向け給油カードの新商品 AMSフリーカード を発行

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

    新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  4. 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

  5. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  6. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  7. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  8. 首都高速会社、大規模更新事業インフォセンター開設/東品川の現場事務所に

  9. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  10. 空き駐車場をネットで貸し借りできる! 駐車場シェアサービス「akippa」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top