インドネシア通貨が上昇、1ドル=1万3500ルピアへ 画像 インドネシア通貨が上昇、1ドル=1万3500ルピアへ

海外進出

1ドルが1万3500ルピアは2ヵ月ぶり
インドネシアの通貨ルピアが9日、2ヵ月ぶりに1ドルが1万3500ルピア台に回復した。また、ジャカルタ総合指数は同日、4604.96ポイントに上昇した。

8日、米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月に実施された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。それによると、年内に米国の利上げが実施される可能性は低いことが示された。主な要因としては、中国経済の減速と、米国の輸出の伸び悩みだ。

米利上げ見送りと資源価格上昇でルピアは急伸
ここ数ヶ月間は、米国の利上げ時期の予測に加え、中国の株価急落を発端とする、世界同時株安が発生したことから、新興国の通貨は大きく値を下げた。

特に下げたのがインドネシアの通貨ルピアと、マレーシアの通貨リンギットで、いずれの通貨もドルに対して下落を続けていた。

しかし、今月は1日から9日までの間でルピアはドルに対し9.1%も上昇した。ルピアやリンギットが上昇している主な要因としては、原油価格や資源価格の上昇があげられる。

しかし、米国の利上げは来年の初めには実施されるとみられており、そのタイミングがルピアの正念場といえる。

ルピアが上昇 1ドルが1万3500ルピアへ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

    経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  2. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  3. 【回転窓】シリア難民と安全保障

    【回転窓】シリア難民と安全保障

  4. 古河電工、ミャンマーで情報インフラ整備事業

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top