インドネシア通貨が上昇、1ドル=1万3500ルピアへ 画像 インドネシア通貨が上昇、1ドル=1万3500ルピアへ

海外進出

1ドルが1万3500ルピアは2ヵ月ぶり
インドネシアの通貨ルピアが9日、2ヵ月ぶりに1ドルが1万3500ルピア台に回復した。また、ジャカルタ総合指数は同日、4604.96ポイントに上昇した。

8日、米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月に実施された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。それによると、年内に米国の利上げが実施される可能性は低いことが示された。主な要因としては、中国経済の減速と、米国の輸出の伸び悩みだ。

米利上げ見送りと資源価格上昇でルピアは急伸
ここ数ヶ月間は、米国の利上げ時期の予測に加え、中国の株価急落を発端とする、世界同時株安が発生したことから、新興国の通貨は大きく値を下げた。

特に下げたのがインドネシアの通貨ルピアと、マレーシアの通貨リンギットで、いずれの通貨もドルに対して下落を続けていた。

しかし、今月は1日から9日までの間でルピアはドルに対し9.1%も上昇した。ルピアやリンギットが上昇している主な要因としては、原油価格や資源価格の上昇があげられる。

しかし、米国の利上げは来年の初めには実施されるとみられており、そのタイミングがルピアの正念場といえる。

ルピアが上昇 1ドルが1万3500ルピアへ

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

    宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

    ダイハツ、新型商用トラックをインドネシアで展開。現地ニーズを捉えて

  4. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  5. テレビ通販が海外進出! 国内通販事業者のインドネシア進出支援

  6. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  7. 無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

  8. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  9. 三菱ふそう、FI ・FZシリーズをタイ市場に導入

  10. みずほ銀行、ミャンマー・ティラワ経済特区内に出張所を開設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top