新潟県、公共施設などの耐震化計画骨子提示…目標95%以上に 画像 新潟県、公共施設などの耐震化計画骨子提示…目標95%以上に

インバウンド・地域活性

 新潟県は14日、公共施設など多数が利用する建物(特定建築物)の耐震化促進に向けた新計画を策定する有識者委員会(委員長・澤田雅浩長岡造形大学地域協創センター副センター長)を自治会館で開き=写真、16~20年度を対象とする新計画の骨子案を示した。公共、民間とも耐震化がかなり順調に進むとの判断の下、国の方針と同じ目標数値の95%以上に設定した。
 ただし、民間については所有者によっては費用面で課題があるとの考えに立ち、県がソフト面の施策を含めて積極的な支援をするという付帯意見付きで95%の目標達成を目指すとした。
 県が示した資料によると、県内で計画に該当する特定建築物は7401棟。内訳は公共が3169棟(県有709、市町村有2462)、民間は4232棟となっている。
 委員会ではこのほか、県が8月の会合で示した16~20年度の住宅の耐震化目標を説明。耐震化目標を87%以上に設定したこと、この数値は最低限の目標であり、この数値を下ぶれさせないよう耐震化を進めることをあらためて報告した。
 国の現行の計画では、住宅と、特定建築物の目標値は共通だが、20年度を最終年度とする新計画では住宅と特定建築物の目標を別に設定することが求められている。

新潟県/特定建築物耐震化新計画骨子案/目標値「95%以上」に設定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

  4. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 富裕層インバウンドの法則その1

アクセスランキングをもっと見る

page top