パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売 画像 パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売

IT業務効率

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、新しい高速料金割引きに対応するGPS付きETC2.0車載器「CY-ET5000GD」を2015年11月に法人向けに発売する。

ETC2.0サービスは、従来の高速道路料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援など、ドライバーに有益な情報を提供する次世代サービス。国土交通省はETC2.0の走行経路情報を利用して、道路利用を最適化するための新しい高速道路の料金割引き制度を導入することを予定している。

新製品は、業界初となるGPS機能を搭載することで、新しい高速料金割引き、物流管理サービス等のETC2.0サービスを製品単体で利用可能。同社は、貨物車両など、カーナビが装着されていない商用車向けに新製品を提案していく。

パナソニック、商用車向けETC2.0車載器を発売…業界初のGPS機能搭載

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  6. LINE@にポイントカード機能…利用者データ分析なども

  7. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  8. 創業70年の造船所がITで栽培したトマトの味は?

  9. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  10. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

アクセスランキングをもっと見る

page top