パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売 画像 パナソニック、商用車向けGPS付ETC2.0車載器を発売

IT業務効率

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、新しい高速料金割引きに対応するGPS付きETC2.0車載器「CY-ET5000GD」を2015年11月に法人向けに発売する。

ETC2.0サービスは、従来の高速道路料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援など、ドライバーに有益な情報を提供する次世代サービス。国土交通省はETC2.0の走行経路情報を利用して、道路利用を最適化するための新しい高速道路の料金割引き制度を導入することを予定している。

新製品は、業界初となるGPS機能を搭載することで、新しい高速料金割引き、物流管理サービス等のETC2.0サービスを製品単体で利用可能。同社は、貨物車両など、カーナビが装着されていない商用車向けに新製品を提案していく。

パナソニック、商用車向けETC2.0車載器を発売…業界初のGPS機能搭載

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  2. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  3. ~定額制ビジネスに勝算あり:1~ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

    ~定額制ビジネスに勝算あり:1~ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  4. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  5. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  6. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  7. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  8. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  9. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  10. 三信建設工業が多扇形高圧噴射攪拌工法を開発、経済面や環境面に効果

アクセスランキングをもっと見る

page top