店内放送を多国語対応に……「おもてなしガイド」 画像 店内放送を多国語対応に……「おもてなしガイド」

IT業務効率

 USENは15日、ヤマハの音声ユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」を、USENのチェーン店向け専用放送およびコメント放送サービスで簡単に導入できるよう、共同展開を行うことを発表した。企画・開発・営業面などでの連携を検討する。

 「おもてなしガイド」は、日本語のアナウンスなどを流すだけで、スマホアプリを介して自動的に外国語アナウンスを付与したり、多言語化された文字情報を表示したりすることが可能になる。店内設備を入れ換えることなく導入可能で、ネットに繋がっていないスマホに対しても情報配信を行える。ヤマハは現在、さまざまな企業や自治体と連携し「Sound UD化プロジェクト」を実施している。

 店内放送をユニバーサルデザイン化することで、日本語のわからない訪日外国人観光客、店内アナウンスが聴こえにくい高齢者・聴覚障がい者のサポートが可能。今回の協力により、USENの店内放送導入店舗が簡単に「おもてなしガイド」に対応したアナウンスを放送可能になる見込みだ。

 USENは、ヤマハとの連携により、店内放送のインバウンド対応、バリアフリー化への強化策を検討する。ヤマハは、店内放送分野における取り組みの促進を目指す。

USENとヤマハ、店内放送に「おもてなしガイド」を簡単導入できるよう協力

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

    サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  3. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

    東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  5. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  6. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  7. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  8. ImPACT/災害対応の重作業ロボ開発/二重旋回・複腕機構採用、適用範囲を拡大

  9. スマートスピーカー時代の到来、クアルコムがIoT向け最新ソリューションを発表

  10. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

アクセスランキングをもっと見る

page top