ミトラジャヤ社、マレーシア・テクノロジーパークの施設建設へ 画像 ミトラジャヤ社、マレーシア・テクノロジーパークの施設建設へ

海外進出

ECERDCの建設工事契約書を受理
ミトラジャヤホールディングス社(Mitrajaya Holdings Bhd)は、9日、同社の完全子会社であるプンビナアンミトラジャヤ社(Pembinaan Mitrajaya Sdn Bhd)が、パハン州のテクノロジーパークにおける施設建設とインフラ整備に関する建設工事請負契約書を東海岸経済地域開発委員会(ECERDC)より受理したと発表した。 
                             施設建設とともにインフラ整備も
工費およそ5219万リンギットのテクノロジーパークの建設期間には、約1年半が予定されており、同社は周辺道路整備、下水処理整備、上水道整備、外部電気整備、通信設備整備などのインフラ工事も進めていく。

東海岸経済地域の開発を促進する国策
クアラルンプールからおよそ220キロのパハン州ガンバンに位置するこの施設の設立は、地域のサイバーテクノロジー、IT科学、理工学産業での開発発展を目的としており、クランタン州、トレンガヌ州、パハン州の東海岸経済地域における社会経済的開発促進を目指した国策のもと設立された機関、ECERDCにより進められている。

ミトラジャヤホールディングス社は今回の建設受注に関して、以下のように述べている。
この契約の獲得は、ミトラジャヤグループの今後の収益に大きく貢献するだろう。(The Malaysian Insiderより)

(画像はミトラジャヤ社HPより)

ミトラジャヤ社 テクノロジーパークの建設へ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  3. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  4. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  7. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  8. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  9. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  10. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

アクセスランキングをもっと見る

page top