日立機材、小型・高性能なパネル型制震用鋼板ダンパー発売 画像 日立機材、小型・高性能なパネル型制震用鋼板ダンパー発売

インバウンド・地域活性

 日立機材(東京都江東区、笠原伸泰社長)は14日、中低層建築物向けにパネル型の制震用鋼板ダンパーを発売した。壁や柱、梁の間に設置し、地震の揺れを吸収する。塑性変形部をX形状とすることで、部材を小型化すると同時に、変形能力とエネルギー吸収能力を高めたのが特徴。在来工法の座屈拘束ブレースと比べ、付帯の鉄骨費を含む設置コストを約15%低減できるという。新築に加え、改修工事にも積極的に採用を提案していく。
 新製品「Xtendam(イクステンダム)」は、鋼材の塑性変形により地震の振動エネルギーを吸収する制震部材。
 サイズを小さくしたことで、壁・間柱、シアリンク(V字ブレースの先端に取り付ける形状)、梁など、さまざまな箇所への設置を可能にした。適用範囲はS造、RC造、SRC造で、取り付けは高力ボルトで容易に行える。
 建物の性能に応じて必要な変形量・減衰力のダンパーが選択できるよう、塑性変形部の高さが150ミリ、200ミリ、250ミリのタイプを各4種類ずつ計12のバリエーションをそろえた。設計価格は150ミリタイプで7万5000円。
 オフィスビルを中心に、学校や病院、倉庫、工場などの地震対策として売り込んでいく。初年度の販売目標は1億円。16年度に5億円、17年度に10億円の販売を目指す。
 同社は、油圧式制震ダンパー「ハイビルダム」を超高層ビルを中心に販売中。年間10億~15億円の売上高を確保している。植野伸一取締役兼常務執行役員建材本部長は「当社は来年1月から新社名『センクシア』として再出発するが、デバイスセグメントの成長が新会社の飛躍の鍵を握る。ハイビルダムはこれまでに4500台の納入実績がある。今回のラインアップの追加により、幅広い需要に応えていきたい」としている。

日立機材/パネル型制震用鋼板ダンパー発売/小型で高性能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  8. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top