お墓の完成イメージ、3Dで即表示…デザイン共有迅速化 画像 お墓の完成イメージ、3Dで即表示…デザイン共有迅速化

IT業務効率

 内田洋行ITソリューションズ(東京都港区)は、石材店向けの墓石プレゼンテーショソフト「Usolia MICS/Gaia(ユーソリア・ミックス・ガイア)」を開発、21日に発売する。顧客の発注により作成したお墓の3次元(3D)完成イメージを表示しつつ、ニーズに沿ってデザインや石の種類の変更、文字のはめ込みが即時的にできる。商談の迅速化に寄与する。

 このソフトは墓石設計用CADソフト「Usolia MICS」と連動して使う。価格はMICSの既存ユーザー向けが33万円(消費税抜き)。新規ユーザー向けがMICSとセットで160万円(同)。発売後2年間で3億5000万円の売り上げを目指す。

 3Dの完成予想図は360度見られる。国産材や中国産材など400種以上の石材の模様を収録したパレットからドラッグ&ドロップで、完成パターンを作れる。顧客の要望に添ったその場での変更も可能。

 実際の墓地の写真を取り込めば、お墓が立った際のイメージも表示できる。従来のプレゼンテーションは、紙に印刷した図面をみせながらしていた。近年、墓じまいなどにより墓石市場が低迷。墓石販売店はいろいろな手法を駆使して他店との差別化を図っている。

 同ソフトはプレゼンテーションの質向上で、石材店の競争力強化に寄与。同社は、現在1700社あるユーザーの拡大に取り組む。

 墓石設計用CADソフトを手がける企業は同社を含め3社あり、各社がプレゼンテーションソフトの開発に取り組んできたが、プログラムの構築が複雑で、難航していたという。

お墓の完成イメージを3Dで表示。顧客のニーズを反映しやすく

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  3. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

    国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  6. 長谷工コーポら、BIMデータを直接3DCG化/マンション販売ツールに活用

  7. ヘルメット装着型の音声ガイドシステム、現場見学に一役!

  8. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  9. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  10. 「企業内のネット利用状況」調査結果を発表、関連セミナーも開催

アクセスランキングをもっと見る

page top