店頭で米袋の産地情報等を確認……スマホでQRコード読み取り 画像 店頭で米袋の産地情報等を確認……スマホでQRコード読み取り

IT業務効率

 店頭で米袋ごとに産地や流通経路などの情報を追跡できる、新たなトレーサビリティー(生産.流通履歴を追跡する仕組み)を導入した米売り場の提案を、東京都内の業者が始めた。米袋に2次元コード(QRコード)を表示し、消費者がスマートフォン(多機能携帯電話=スマホ)で読み取る。12月からスーパーや百貨店などで展開したい考えだ。

 提案したのは、米の販売を手掛ける「UPFARM」(アップファーム、東京都港区)。愛知県阿久比町の産業用機器メーカー、デンソーウェーブなどとともに開発したQRコードを使う。専用のアプリで読み取ると、生産者や精米日、出荷日などの情報が表示される。

 米の生産者は誰でも、アップファームに無料で情報を登録でき、同社が生産者の希望価格で小売店に委託販売をする。同社は「米百選」と銘打った専用の棚を、1年間で200店舗のスーパーや百貨店などに設置を目指すという。

 岐阜県のJAひだは、岐阜.飛騨「コシヒカリ」の販売を検討。JA営農販売戦略室の平野吉彦さんは「QRコードで米の情報を消費者に伝える方法は新しく、面白い」と話す。新潟県魚沼市の魚沼米穀の井上大樹代表は「生産者は自分が栽培した米が、どのように消費者に届いたかを知ることができ、生産意欲の向上につながる」と期待する。

 アップファームの高橋隆造代表は「消費者は米が販売されるまでの過程が分かれば、安心して商品を購入できる」と話している。

棚の全て履歴を明示 スマホで読み取り 東京の業者が米売り場提案

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

    民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  6. ダンプの自動化に成功! 建設機械の自動運転

  7. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  8. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  9. JR東日本の技術革新ビジョン。IoTやAI積極活用、革新的なサービスを提供!

  10. Linuxベースの自動運転向けリアルタイムOS…ZMPとジグソーが共同開発

アクセスランキングをもっと見る

page top