北陸銀行と国際協力銀行、ミャンマーで衣料品事業を行う企業に融資 画像 北陸銀行と国際協力銀行、ミャンマーで衣料品事業を行う企業に融資

海外進出

融資金額は2行合計で6000万円
富山市に本社を置く北陸銀行は8日、富山県氷見市に本社を置くあつみファッションのミャンマー事業に対し、国際協力銀行(JBIC)と協調して同日に融資を実行したと発表した。融資金額は、北陸銀行が4000万円、JBICが2000万円。

JBICは、「海外展開支援融資ファシリティ」の一環として、あつみファッションへの融資を実行した。海外展開支援融資ファシリティとは、2013年4月に中堅・中小企業を含む日本企業の海外支援展開をより一層推進することを目的として、同行が創設したものである。

あつみファッション、昨年ミャンマーに現地法人設立
あつみファッションは、主に女性用の衣料品の製造・販売を行う中小企業である。同社は、2014年9月、ミャンマーに現地法人、ATSUMI MYANMAR CO., LTD.を設立した。

あつみファッションが同国に現地法人を設立した要因としては、内需拡大により繊維製品市場の成長が期待できること、安価で豊富な労働力を有すること、アジア諸国への輸出拠点となることがあげられる。

今後、北陸銀行は海外向け資金調達ニーズに対応していく方針であるほか、JBICは成長市場における日本企業の海外事業展開を金融面から支援していく方針だ。

北陸銀行・国際協力銀行 ミャンマーで衣料品製造・販売を行う企業に融資

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  4. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  7. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  8. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  9. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  10. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

アクセスランキングをもっと見る

page top