防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き照明灯 画像 防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き照明灯

IT業務効率

 日本電業工作は13日、長距離無線中継機能、Wi-Fiアクセスポイント機能、監視カメラ機能などを備えた「防災照明灯」を開発したことを発表した。太陽光パネルにより自立電源運用を可能としており、防災情報ステーションとしての活用などを想定している。

 災害時における避難路の夜間照明、非常灯としての機能に加え、緊急時の通信手段の提供などを自立電源運用で実現する。都市防災対策をはじめ、観光地でのWi-Fi整備用途や、工場や施設などの入り口に設置するセキュリティ用途などを想定しており、設置場所や用途に合わせて、Wi-Fi機能、カメラ機能、長距離無線中継機能の構成を3種類から選択することができる。

 発売は12月を予定しており、価格は120万円から。同社は14日より東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展2015」にも出展し、実機展示や実演なども予定しているとのこと。

防災ステーションとして使えるWi-Fi機能付き防災照明灯を開発……日本電業工作

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. 見守りサービスの普及拡大のカギになる!? IoT防犯システム

  7. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  8. 着るIoT! ウェアラブル総合ブランド「hamon(R)」とは?

  9. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  10. 公道でセグウェイ……搭乗型移動支援ロボットの実証実験が全国で可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top