「新産業創出」へ福岡県の支援機関3者が連携 画像 「新産業創出」へ福岡県の支援機関3者が連携

インバウンド・地域活性

 【北九州】福岡県の産業支援機関3者が連携して、産業振興や地域貢献に取り組むことが分かった。これまで個別に行っていた産業振興策や啓発セミナーを共同実施することで、共通の課題解決を探る。また人材交流や研究開発まで踏み込むことで、企業ニーズと大学や研究機関のシーズのマッチングも行い、新技術・新産業創出につなげる狙いもある。

 連携するのは福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)、九州先端科学技術研究所(ISIT)、北九州産業学術推進機構(FAIS)の各公益財団法人。

 福岡県、福岡市、北九州市の外郭団体として個別に活動しているが、それぞれの頭文字を取った「JointIFF(ジョイントイフ)」という連携組織を立ち上げて活動する。取りまとめはISITが担う。

 ふくおかISTは国や自治体と連携して研究開発プロジェクトを立ち上げるほか、産業振興に広く目配りしている。またISITはナノテク研究室など複数の研究室を保有するなど研究開発機関の位置付けが強い。

 一方、北九州市にあるFAISは産業都市の強みを生かした産学連携活動に熱心に取り組むなど得意分野が異なる。連携することでそれぞれの強みを伸ばし、弱みを補って福岡県の新産業創出・育成に尽力することで一致した。

 14日から福岡市博多区のマリンメッセ福岡で始まる「モノづくりフェア2015」で初の合同セミナーやブースを出展する。ISITの新海征治所長は「福岡県、福岡市、北九州市の連携・互助は十分でない。協力し合ってこそ大きな力を発揮するので、そのための仕組みづくりを具体的に進める」と話した。

「新産業創出」へ福岡県の支援機関がタッグ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 宮城の米新品種「だて正夢」、18年産から本格デビュー/サンドウィッチマンも応援!

  10. 海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器

アクセスランキングをもっと見る

page top