JAぎふが「蔵出米」発売……倉庫から消費者直送

インバウンド・地域活性

 岐阜県のJAぎふは14日、JA倉庫から消費者宅に玄米を直送する「蔵出米」の販売を始める。中間段階の流通経路を省くことでコストを減らし、生産者の所得増につなげる。販売予定量は390トン。JAが全量買い取り、販売リスクを負う。これにより、JAは生産者の所得が玄米30キロ当たり約1000円増えると試算する。販売価格を1割ほど安くできるため消費者にもメリットがある。

 JAは2014年産の米価下落、農協法改正、TPP交渉の大筋合意を受け、地域農業の発展と生産者の所得増大に向け、流通コスト低減や消費拡大対策が重要と判断した。15年4月に新設した販売企画室を中心に検討し、新たな販売方法として「蔵出米」の発売を決めた。これにより、生産者には所得増、消費者には高品質の米をより安く提供する。

 販売予定量は「ハツシモ」1万袋(1袋30キロ)、「コシヒカリ」3000袋(同)で、配送料込みの販売価格は1袋7980円。「蔵出米」として扱うのは、県が認証する「ぎふクリーン農業」(農薬.化学肥料の使用量を慣行より3割削減)の体系で栽培した「クリーン米」。年間6トン以上を出荷する担い手が栽培者全体の7割以上を占めるため、同認証米の付加価値を高める狙いもある。

 申し込みの受け付けは11月20日まで。宅配業者が12月から16年8月まで、指定された月に配送する。

 JA本店での13日の「蔵出米」の記者発表で、JAの櫻井宏組合長は「蔵出米が地域に浸透することで、一層の地産地消や消費拡大を期待する。地域活性化のためにJAの自己改革を進め、新たな取り組みに挑戦したい」とし、取扱量を拡大していく意向を示した。

倉庫から消費者直送 流通経費抑え農家所得増 「蔵出米」発売 JAぎふ

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 京急泉岳寺駅~新馬場駅間を連立化、3カ所ある踏み切りを除却へ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top