ホンダ発電機の歴代モデルと最新ラインアップ RISCONに展示 画像 ホンダ発電機の歴代モデルと最新ラインアップ RISCONに展示

イベント

ホンダは、10月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015」に、防災関連機器として発電機シリーズなどを出展する。

今回の出展では、「信頼の50年、Honda発電機」をテーマに、50年にわたり世界各地で異様されているホンダ発電機の歩みを、歴代モデルと最新ラインアップの展示で紹介する。

歴代モデルでは、ホンダ初の市販発電機「E300(1965年発売)」や片手で持てる携帯型発電機「EX400デンタ(1979発売)」などを展示。現行モデルでは、災害や停電時にも簡単な操作で安心して使え、高品質で安定した電気を供給する正弦波インバーターを搭載した発電機シリーズや、信号機などの交通インフラに対応する自動起動式設置型発電機などを展示する。

【RISCON 15】ホンダ、発電機の歴代モデルと最新ラインアップを展示

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 【日本国際工作機械見本市】製造業に求められる分業と人材シェア

    【日本国際工作機械見本市】製造業に求められる分業と人材シェア

  3. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  4. 【越境ECフェス】中国・東南アジアで成功、その事業とは?

  5. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  6. 【新価値創造展:2】自社ブランド立ち上げのヒントを探る!

アクセスランキングをもっと見る

page top