明治神宮で薪能、2000人を魅了 画像 明治神宮で薪能、2000人を魅了

インバウンド・地域活性

 安藤ハザマが奉納協賛する第34回「明治神宮薪能」が12日、東京都渋谷区の明治神宮で行われた=写真。拝殿前の特設舞台で、仕舞「道明寺」「山姥」、狂言「止動方角」、能「羽衣」を上演。かがり火のたかれた荘厳な雰囲気の中、約2000人の観客が名人の芸に酔いしれた。
 増田正造武蔵野大名誉教授が演目を解説した後、東京国立博物館の佐藤禎一名誉館長と安藤ハザマの小野俊雄代表取締役会長が薪に火を入れ、舞台が始まった。
 大蔵吉次郎がシテを務めた止動方角は、主人の命で借りた馬が咳(せき)をすると暴れ、「止動方角」と唱えると鎮まると教えられた太郎冠者が、待ちかねた主人にしかられると、腹いせに咳をして主人を落馬させるユニークな作品。コミカルな馬の動きが観客の笑いを誘った。
 観世清和がシテを演じた羽衣は、「天女降臨」の伝説が題材。衣を見付けた漁師・白龍と天女との問答から、天女が衣を身にまとい、美しく空中を舞いながら天へと帰っていくラストに至るまでを優雅な舞と謡(うたい)で演じ、人間の純粋さや清らかさを表現した。

明治神宮薪能開く/安藤ハザマが奉納協賛/2000人を魅了

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

  6. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

アクセスランキングをもっと見る

page top