【回転窓】東京・大阪・名古屋のココが違う! 画像 【回転窓】東京・大阪・名古屋のココが違う!

インバウンド・地域活性

 2年前に本紙で好評発売中と紹介した本の続編が発刊され、早速読んでみた。『続ココが違う! 東京 大阪 名古屋 あなたはどこまで知っていますか?!』(文芸社)がそれで、前作に続いて各都市の良さと違いがよく分かって面白い▼例えば家庭で使う灯油用ポリタンクの色。関東に生まれ育った人なら〈赤〉と信じて疑わないだろうが、大阪では〈青〉がほとんど。〈青〉が多く〈赤〉も少し販売されているのが名古屋で、その由来に興味をそそられる▼著者は元大成建設社員の平田陽一郎氏(ペンネーム)。前作が3都市に住む人だけでなく、出張や転勤の多いサラリーマンなどさまざまな人に愛読され、好評だったことから、各都市のことをもっと知ってもらいたいと続編の執筆に当たってきた▼そんな思いが満載の内容であり、食や暮らし、人の気質の違いを、関係者への取材や資料、アンケートから分析。前作と同様に3都市の個性と魅力を浮かび上がらせている▼第1章「どうやって食べる?」では、食パンの厚さも調べる徹底ぶり。職場でのコミュニケーションにもひと役買ってくれそうな一冊だ。

回転窓/東京・大阪・名古屋のココが違う!

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  8. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

  9. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  10. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

アクセスランキングをもっと見る

page top