中小企業とクリエイターのコラボでつくる“家”…展示イベント 11月4-8日 画像 中小企業とクリエイターのコラボでつくる“家”…展示イベント 11月4-8日

インバウンド・地域活性

 横浜市が企業とクリエイターをつなぐイベント「YOKOHAMA CREATIVE WEEK(ヨコハマ・クリエイティブ・ウィーク)」を開催する。期間は11月4日から8日までの5日間で、会場はYCC ヨコハマ創造都市センター。

 会場には「ヨコハマの家」という日本間を持つ小さな家を設置。横浜市内の中小企業とクリエイターがコラボレーションした商品のプロトタイプを展示する。これにより単なる技術力の展示だけでなく、具体的なプロダクトとして見せ、訴求していく狙いだ。

 ヨコハマの家には市内の4企業が参加。エーシーエムが炭素繊維プラスチックを使った屏風、ガラス素材を扱う横浜石英が精密研削の技術でリノベーションしたちゃぶ台やタンス、化粧箱などを扱う荒井紙器製作所が仕上紙とニカワで構造をつくるランプシェード、超極細ワイヤーの協立金属工業がその強度を活かしたワイヤーインスタレーションをそれぞれ展示する。

 また、イベント中にはセミナーやワークショップも開催。4日17時からは「ヨコハマの家」を手がけた企業とクリエイターが登壇してのトークイベントが開催され、終了後には交流会も予定されている。その他、5日18時からは「クリエーターと企業の結びつきで広がる可能性を考える」と題したワークショップを、6日16時からは「地域産業×クリエイティブの事例を学ぶ」と題してのセミナー&クリエータースタジオ見学会を実施。セミナー、ワークショップは事前申し込み制で、申し込み多数の場合は抽選となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

    スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 富裕層インバウンドの法則その8

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top