光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売 画像 光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所農業技術センターとシャープが共同で、夜行性の蛾類の飛来を防ぐ電球型LEDランプを開発した。来春の製品化をめざす。

 このランプは、蛾の飛来や行動を抑止する効果が認められている黄色の光を出すもの。農薬を使わずに蛾による被害を防ぐ方法として知られている。だが、従来の防蛾ランプは常時点灯する水銀灯や蛍光灯を使用しているため、光に敏感なキクやいちごといった農作物の栽培に使用することができなかった。

 今回開発されたランプは、農業技術センターの持つLED点滅光による防蛾照明技術と、シャープのLED製造技術を組み合わせたもの。点滅発光により農作物への悪影響を抑制しながら、蛾による被害を防ぐ。また、LEDを使用することで長寿命と低消費電力化も図られた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  7. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top