光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売 画像 光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所農業技術センターとシャープが共同で、夜行性の蛾類の飛来を防ぐ電球型LEDランプを開発した。来春の製品化をめざす。

 このランプは、蛾の飛来や行動を抑止する効果が認められている黄色の光を出すもの。農薬を使わずに蛾による被害を防ぐ方法として知られている。だが、従来の防蛾ランプは常時点灯する水銀灯や蛍光灯を使用しているため、光に敏感なキクやいちごといった農作物の栽培に使用することができなかった。

 今回開発されたランプは、農業技術センターの持つLED点滅光による防蛾照明技術と、シャープのLED製造技術を組み合わせたもの。点滅発光により農作物への悪影響を抑制しながら、蛾による被害を防ぐ。また、LEDを使用することで長寿命と低消費電力化も図られた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 富裕層インバウンドの法則その4

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top