光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売 画像 光に敏感な農作物にも使える…防蛾ランプ、来春発売

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所農業技術センターとシャープが共同で、夜行性の蛾類の飛来を防ぐ電球型LEDランプを開発した。来春の製品化をめざす。

 このランプは、蛾の飛来や行動を抑止する効果が認められている黄色の光を出すもの。農薬を使わずに蛾による被害を防ぐ方法として知られている。だが、従来の防蛾ランプは常時点灯する水銀灯や蛍光灯を使用しているため、光に敏感なキクやいちごといった農作物の栽培に使用することができなかった。

 今回開発されたランプは、農業技術センターの持つLED点滅光による防蛾照明技術と、シャープのLED製造技術を組み合わせたもの。点滅発光により農作物への悪影響を抑制しながら、蛾による被害を防ぐ。また、LEDを使用することで長寿命と低消費電力化も図られた。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top