JFAフットボールセンター整備基本計画策定、山下PMCJVに 画像 JFAフットボールセンター整備基本計画策定、山下PMCJVに

インバウンド・地域活性

 日本サッカー協会(JFA)は8日、公募型プロポーザルで選定を進めていた「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター建設に伴う整備基本計画策定」業務の委託先を山下ピー・エム・コンサルタンツ・オオバJVに決めたと公表した。プロポーザルへの参加者数は非公表。JFAは事業費39・5億円(土地代を除く)を投じ、千葉市美浜区の県有地にサッカー日本代表チームの練習や指導者の育成を行う拠点施設「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」を建設する。
 建設地は、県立幕張海浜公園(71・9ヘクタール)内のD・Eブロック(25・7ヘクタール)。プロ野球の千葉ロッテマリーンズの本拠地「QVCマリンフィールド」の隣接地で、現在空き地となっている。
 県が公表した施設概要によると、センターには天然芝のピッチ2面(メーン、サブ)と人工芝のピッチ1面、フットサルコート(屋外)とビーチコートをそれぞれ2面ずつ整備する。このほか、アリーナとクラブハウスを建設する。詳細な施設規模は基本計画で固める。
 着工時期は未定。18年度までの竣工・運用開始を目指しているが、完成が遅れた場合は、19年度中にグラウンドなどの一部機能の供用を開始する予定。JFAと県は9月11日に建設に向けた基本協定を締結した。
 業務では、同センターの建設に向け、県や市などの関係機関と調整を図りながら、施設規模などを検討し、基本計画を策定する。履行期限は16年3月31日。
 建設地の周辺では、サッカー日本代表の本田圭佑選手のマネジメントを手掛ける「HONDA ESTILO」(大阪府吹田市)もサッカー練習場の建設計画を進めている。

サッカー協会/フットボールセンター整備基本計画策定業務/山下PMCJVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. 福島第1原発の6年。「野戦病院抜け出した」

  9. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  10. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

アクセスランキングをもっと見る

page top