JFAフットボールセンター整備基本計画策定、山下PMCJVに 画像 JFAフットボールセンター整備基本計画策定、山下PMCJVに

インバウンド・地域活性

 日本サッカー協会(JFA)は8日、公募型プロポーザルで選定を進めていた「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター建設に伴う整備基本計画策定」業務の委託先を山下ピー・エム・コンサルタンツ・オオバJVに決めたと公表した。プロポーザルへの参加者数は非公表。JFAは事業費39・5億円(土地代を除く)を投じ、千葉市美浜区の県有地にサッカー日本代表チームの練習や指導者の育成を行う拠点施設「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」を建設する。
 建設地は、県立幕張海浜公園(71・9ヘクタール)内のD・Eブロック(25・7ヘクタール)。プロ野球の千葉ロッテマリーンズの本拠地「QVCマリンフィールド」の隣接地で、現在空き地となっている。
 県が公表した施設概要によると、センターには天然芝のピッチ2面(メーン、サブ)と人工芝のピッチ1面、フットサルコート(屋外)とビーチコートをそれぞれ2面ずつ整備する。このほか、アリーナとクラブハウスを建設する。詳細な施設規模は基本計画で固める。
 着工時期は未定。18年度までの竣工・運用開始を目指しているが、完成が遅れた場合は、19年度中にグラウンドなどの一部機能の供用を開始する予定。JFAと県は9月11日に建設に向けた基本協定を締結した。
 業務では、同センターの建設に向け、県や市などの関係機関と調整を図りながら、施設規模などを検討し、基本計画を策定する。履行期限は16年3月31日。
 建設地の周辺では、サッカー日本代表の本田圭佑選手のマネジメントを手掛ける「HONDA ESTILO」(大阪府吹田市)もサッカー練習場の建設計画を進めている。

サッカー協会/フットボールセンター整備基本計画策定業務/山下PMCJVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  5. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top