マイナンバー制度に対応、「弥生16シリーズ」発売開始 画像 マイナンバー制度に対応、「弥生16シリーズ」発売開始

IT業務効率

 弥生は13日、業務ソフト「弥生シリーズ」について、最新バージョン「弥生16シリーズ」を10月30日に一斉発売することを発表した。10月5日からスタートしたマイナンバー制度に対応したのが特徴。

 シリーズのラインアップは「弥生会計16」「弥生給与16」「弥生販売16」「やよいの青色申告16」「やよいの給与計算16」「やよいの見積・納品・請求書16」「やよいの顧客管理16」。

 マイナンバー制度では、ガイドラインに沿った取扱規程の策定や運用が事業者に求められ、安全管理の責任を負うこととなる。今回の「弥生16シリーズ」給与製品(「弥生給与16」「やよいの給与計算16」)では、データの暗号化、権限管理といった、主に安全管理措置に対応した。

 また、「あんしん保守サポート」として、カスタマーセンターでマイナンバー相談を受け付けるほか、マイナンバー制度に必要な基本方針や取扱規程、委託契約書のテンプレートのダウンロード提供を行う。なお「弥生給与16」「やよいの給与計算16」両製品は、CSAJ(コンピュータソフトウェア協会)の「マイナンバー対応ソフトウェア認証」を取得済み。マイナンバー対応の初動をサポートする「マイナンバーナビ」も用意されている。

 また弥生が運用・提供しているクラウドストレージ「弥生ドライブ」については、年内に安全管理措置をさらに強化する予定。弥生ドライブを活用することにより、会計事務所とマイナンバーを含むデータのやり取りや、自社のデータ保存をクラウドで安全に行えるという。

 そのほか、「メッセージセンター」「かんたん取引入力」「YAYOI SMART CONNECT」といった機能が最新版では強化されたとのこと。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  2. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  3. VRによる未来のコミュニケーションとは?

    VRによる未来のコミュニケーションとは?

  4. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  7. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  8. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  9. おっちゃんEVの町工場、夢語る場作りへ!

  10. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

アクセスランキングをもっと見る

page top