文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定 画像 文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定

インバウンド・地域活性

 文科省は、学校施設の老朽化対策に関するモデル事業について平成27年度の対象を決めた。自治体が所管する学校施設全体の整備を支援する「個別施設計画支援事業」では千葉県流山市を、特定の学校の改修を支援する「老朽化対策先導事業」では福井県若狭町の上中中学校と、熊本県菊池市の泗水中学校を選んだ。流山市には築年数が50年を超える学校も、平成26年度にできた学校もある。事業費負担の年度による増減を抑えるなどの工夫を試みる。若狭町、菊池市では、地域住民や保護者などを交えたワークショップで基本計画を策定する。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. いわき市のスパリゾートハワイアンズ、新規開発の未来化構想はじまる!

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

アクセスランキングをもっと見る

page top