文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定 画像 文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定

インバウンド・地域活性

 文科省は、学校施設の老朽化対策に関するモデル事業について平成27年度の対象を決めた。自治体が所管する学校施設全体の整備を支援する「個別施設計画支援事業」では千葉県流山市を、特定の学校の改修を支援する「老朽化対策先導事業」では福井県若狭町の上中中学校と、熊本県菊池市の泗水中学校を選んだ。流山市には築年数が50年を超える学校も、平成26年度にできた学校もある。事業費負担の年度による増減を抑えるなどの工夫を試みる。若狭町、菊池市では、地域住民や保護者などを交えたワークショップで基本計画を策定する。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top