文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定 画像 文科省、学校施設老朽化対策のモデル校決定

インバウンド・地域活性

 文科省は、学校施設の老朽化対策に関するモデル事業について平成27年度の対象を決めた。自治体が所管する学校施設全体の整備を支援する「個別施設計画支援事業」では千葉県流山市を、特定の学校の改修を支援する「老朽化対策先導事業」では福井県若狭町の上中中学校と、熊本県菊池市の泗水中学校を選んだ。流山市には築年数が50年を超える学校も、平成26年度にできた学校もある。事業費負担の年度による増減を抑えるなどの工夫を試みる。若狭町、菊池市では、地域住民や保護者などを交えたワークショップで基本計画を策定する。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  3. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  4. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

  5. 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. ゆりかもめ「市場前」駅前でオフィスとホテル開発/19年3月着工

  8. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  9. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  10. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top