群馬県沼田市に職業訓練校、国交省支援で来春始動

インバウンド・地域活性

 群馬県沼田市内で来春始動する専門工事の職業訓練校の運営母体が今月末にも発足する。研修には、市内の廃校施設を利用することにしており、将来の担い手となる若者を確保・育成するだけでなく、地方創生にもつながることが期待される。国土交通省も全面的な支援を表明。支援事業の助成対象に採択するほか、地方創生の交付金申請や、廃校の転用、公営住宅の宿泊利用など他府省にもまたがる各種手続きを含め、コーディネート役となって実現を後押ししている。
 運営母体として設立予定の「利根沼田アカデミー」は、廃校となった旧利根村立南郷小学校(沼田市利根町)を研修施設として利用。全国から担い手となる人材を集めて技能研修を行う。
 16年度のスタート時は板金、瓦、基礎が対象。これを鉄筋、型枠、多能工などの育成にも広げていく予定だ。
 沼田市内で自前の企業訓練校による人材育成を行ってきた建築板金のテクノアウターが中心となり、板金部門を同社、瓦部門をマツザワ瓦店(愛知県)が主に担当して技能研修を行う。
 国交省は、マツザワ瓦店の申請に基づき、本年度に創設した「地域建設業活性化支援事業」のステップアップ支援としてこの事業を採択。300万円を上限に経費の一部を支援し、訓練校の開設に向けたeラーニングのコンテンツ開発や訓練生募集の広報活動を支援している。建設産業担い手確保・育成コンソーシアム(事務局・建設業振興基金)の地域連携ネットワーク構築支援事業でも、群馬県板金工業組合を通じた支援を行っている。
 加えて、廃校施設を転用して職人研修が可能となるよう、ハード・ソフト両面で利用できる地方創生交付金や地域再生戦略交付金の申請手続きを手伝うなど、政府の支援策活用を仲介。廃校の転用手続きや研修参加者が宿泊できる近隣の公営住宅を目的外使用するための調整など、政府の窓口として他府省にもまたがる予算・手続き面の取り組みを支援している。
 将来の担い手確保・育成に向けて国交省は「沼田の事例をリーディングケースとし、同様の手法を取り入れた職業訓練が全国に広まるようPRしていきたい」(建設市場整備課)としている。

群馬県沼田市に職業訓練校、16年春始動/運営母体、10月末発足/国交省が全面支援

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  6. 富裕層インバウンドの法則その8

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

アクセスランキングをもっと見る

page top