マレーシア航空、同社に似せた懸賞詐欺サイトへ注意喚起 画像 マレーシア航空、同社に似せた懸賞詐欺サイトへ注意喚起

海外進出

フィッシングサイトの存在を確認
マレーシア航空は、同社のウェブサイトに似せたアドレスを使用する懸賞詐欺ウェブサイトの存在を確認、利用者に注意を呼びかけている。

このウェブサイトは、マレーシア航空のホームページアドレス(http://www.malaysiaairlines.com/)のmalaysiaとairlinesの間にnを挟んだ(http://malaysianairlines.xyz/?xxwjo8t)というアドレスを使用。

マレーシア航空のプロモーションを装い、簡単なステップを踏むことで、フリーチケットが当たるという内容になっている。

マレーシア航空のITセキュリティー部門は、この事実をユーザーからの報告により確認した。

絶対に利用しないよう注意喚起
マレーシア航空は、顧客のプライバシー・個人情報保護に万全の態勢を敷いているとした上で、この「マレーシア航空のフリーチケットが当たる」とする詐欺サイトを絶対に利用しないよう呼びかけている。

マレーシア航空が実際に行っているプロモーションについては、24時間利用可能なコールセンター(1 300 88 3000)、またはマレーシア航空ホームページ(http://www.malaysiaairlines.com/)で確認することができる。

(画像はマレーシア航空ホームページより)

マレーシア航空、懸賞詐欺サイトに注意するよう呼びかけ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

    ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

  3. 星野リゾートが来年1月、ウブドに「星のやバリ」を開業

    星野リゾートが来年1月、ウブドに「星のやバリ」を開業

  4. ~Sakeの海外戦略:5~アメリカ人日本酒伝道師の教えとは?

  5. ミャンマーでいすゞ製商用車の正規アフターサービス会社を設立、伊藤忠商事

  6. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

  7. 日比国交正常化60周年、深まるインフラ整備分野での協力関係

  8. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  9. 駐トリニダード・トバゴ大使に国交省出身・岡田光彦氏、「防災対策支援したい」

  10. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

アクセスランキングをもっと見る

page top