野菜と仲良しに…野菜に顔をつけるシール、好評 画像 野菜と仲良しに…野菜に顔をつけるシール、好評

インバウンド・地域活性

 苦手な野菜を身近に感じてもらおうと、島根県のJAしまね雲南地区本部は、野菜に目と口を付ける「野菜となかよくなるシール」を作成した。イベントで配ったところ「野菜がまるで生きているみたい」「表情がかわいい」と評判は上々。食育活動などで積極的に活用していく計画だ。

 シールは、同地区本部ふれあい課の横山丈則さん(38)が発案した。5歳の息子のトマト嫌いを改善しようと、試しにトマトに目と口を描いた紙を貼ったところ、喜んで興味を持ち始めたことから思いついた。職員の間で構想を膨らませ、松江市在住のデザイナー、安田よーこさんと協力してデザインを練り上げた。

 8月に500枚が完成。笑ったり、目をつぶったりと10種の表情豊かなシールに仕上がった。イベントや支店窓口、農産物直売所、親子の食育イベントで無料配布している。

 親子の食育イベントに娘と参加した江角育子さん(38)は「野菜が愛らしい表情を見せてくれるので楽しい気分になる。これで娘が嫌いな野菜を好きになってくれるかも」と喜んだ。

 同課の飯塚郁子課長代理は「シールをきっかけに、地元農家が愛情を込めて育てた野菜に親しみを感じてほしい」と期待を込める。シールは増産も検討している。

かわいいね 野菜と仲良し シール評判 食育に活用 JAしまね雲南地区本部

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 富裕層インバウンドの法則その1

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top