鳥獣被害、都会へ発信…鹿の頭蓋骨をアート作品に 画像 鳥獣被害、都会へ発信…鹿の頭蓋骨をアート作品に

インバウンド・地域活性

 岡山県美作市で地域おこし協力隊として活動する喜多村雄真さん(24)は、鹿の頭蓋骨を使ったアート作品を作り、自らブランドを立ち上げた。鳥獣被害に苦労している地方の現状をアートで表現することで、「なぜ被害が発生するのかを都会の人に考えてもらい、猟師への応援につなげたい」と奮闘する。18日には隣の勝央町のカフェで鹿の頭蓋骨アートや角で作ったピアスなどを販売する予定だ。

 京都市出身の喜多村さんは大学時代、社会科の教諭を目指していたが「実際に見聞きしたことでなければ生徒の心には響かない」と、奴隷貿易の歴史があるガーナや虐殺が行われたルワンダなどを訪問。東日本大震災の被災地にもボランティアで駆けつけた。それぞれの地を訪れる中で命のはかなさと同時に、生きていくために食べることの大切さに気付いた。

 教諭ではなく地域おこし協力隊になったのは、岩手県で出会った美作市の地域おこし協力隊員が、かっこいいと感じたから。「自分も現場に飛び込みたい」と迷わず進路を変更。2013年3月、大学卒業後すぐに美作市へ移住し、協力隊員となった。

 だが、あこがれの隊員となったものの、当初は「何でもできる不自由さ」に悩んだ。協力隊としての自分の方向性、価値を見いだせずに一時は辞めることも考えた。

 そんなとき、出合ったのが野生鳥獣の処理施設からもらった鹿の頭蓋骨だ。深夜にふと思い立って骨に絵を描き、インターネット上の交流サイト「フェイスブック」に掲載すると、友達から「面白い」「こんな作品、見たことない」などの反響が相次いだ。

 同市のニホンジカ捕獲頭数は約4900頭、農業被害額は約6000万円(14年度)と一向に減らないことから、自分の得意な絵や工作で地域に貢献しようと考えた。

 自らの作品には「命を暮らしに生かす」という意味を込めて「LIFETERIOR(ライフテリア)」というブランド名を付け、4月から本格的に活動を始めた。鹿の頭蓋骨のオブジェや角のピアス、ネックレスなどを制作し、フェイスブックを通して注文を受け付けている。

 骨は処理施設や猟師から買い取る。自身もわな免許を取得しているが「まだまだ下手くそ」。だからこそ、作品を制作することで「あいつの所に骨や角を持っていけば、ビール1本にでもなると思って猟の励みにしてほしい」。

 来年3月には隊員の任期が終わる。地域で定住するためにアート作品の制作が仕事になるよう、まずは事業を軌道に乗せることが目標だ。「猟師が命に向き合っていることに対する対価として、なるべく高く骨を買い取れるようになりたい」。農山村で生きる夢を語る。

 価格は、鹿の角で作ったブローチが1500円から。頭蓋骨アートは15万円。(柳沼志帆)

地方の窮状 都会へ発信 鹿の頭蓋骨をアート作品に

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  9. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

  10. 富裕層インバウンドの法則その5

アクセスランキングをもっと見る

page top